サチコ先生 AHIMSA

SHIZENヨガインストラクターによるYama、Niyamaの解説です。

sachikoahimsa001

「アヒムサ」

ヤマ(=禁戒と訳されますが、「しない方がいいよ。止めてみてごらん。」と言われていると思ったほうがすんなり入ってきますね。)のトップにきているのが「アヒムサ」です。「非暴力」という意味です。聞いてすぐ頭にイメージできるのは、人に対して暴力を振るわない、あるいは暴言を吐かない、ということですよね。

でもここでは自分に対しての暴力はどうかしら?と考えてみたいと思うのです。自分に対して無理を強いていませんか?という事です。自分の事は「私の事なのだからよくわかっている!これ位はこなして見せる!」と思いがち。特にまじめ気質、根性ものを賛美しやすい日本人は要注意ではないでしょうか。

私がはっきりそれに気がついたのは、数年前、自分のクラスを一か月間もできなくなった時です。突発性難聴という急性の症状でめまいと吐き気に急に襲われ救急車で入院したことがあります。(長くクラスに参加して下さっている方は、ああ、あのときね、、と懐かしく思い出して下さるでしょう.笑)ちょうどお年頃「更年期」の入り口にいたのですが、そしていくつか体から発せられている「サイン」があったのですが、立ち止まってみることを後回しにしていたのですね。「いつもどおり」の予定をこなそうと、無理をしていたようです。点滴に繋がれて、初めて気がつきました。そして自分の体が第2?の曲がり角に来ている事を受け入れ、これからこの変化にどう適応したらいいか、を考える貴重な時間を貰いました。

自分に強いる事柄が多いと周りの人にもその強制感は伝わりますよね。自分の周りの事柄がうまく回っていないな、と感じる時は立ち止まって、「おっと、、いけない、いけない、、、アヒムサ」とちょっと力を抜く、対処を変える、すると滞っていた流れは復活しやすくなるな、と感じています。そしてそれが人に対する暴力をも自然と消滅させる方法に繋がっていくと思うのです。

もちろん「物事そんなに簡単ではな〜い!」という意見もあるでしょう。でも自分がヒムサ(暴力)に陥りやすいよ、と自覚しそれを意識しているのと、全く意識していないのとでは先の道が大きく違う方向に向かうように思います。

そういう私もその後もちょくちょくと小さな失敗をしているのですが「小さくてよかったね、今度は気をつけよ〜ね」と自分に語りかける毎日です。

サチコ

——————————————————————————————————————

サチコ先生ありがとうございます!次回は、マドカ先生による「satya」です!お楽しみに。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s