マドカ先生 SATYA

SHIZENヨガインストラクターによるYama、Niyamaの解説です。

「サティア」

2018-02-10 10.07のイメージ

サティアは、ヨーガスートラの2つ目のヤマです。多くの場合、「嘘をつかない」、「正直でいること」と訳されます。自分の考えの内容、発する言葉の内容が事実であるかどうか、真実であるかどうかをよく視ることです。

嘘をつかないように努力することは、もちろん悪くありません。私も一時期そうしていました。しかし、今は違います。私も自分の考えと口に出す言葉をよく視ていますが、その内容がいかに事実でない、真実でないかを忘れないようにしています。言葉を変えると、私の考えと言葉は全て嘘です。私は身を持ってこれを理解することによって、自分のマインドの縛りから自由になりたいです。

説明をしてみます。「このリンゴは美味しい」と考えてみてください。2、3回考えてもいいです。そう考えることによって、リンゴの味がしますか?口の中にリンゴの食感がありますか?それでお腹がいっぱいになりますか?

「私は賢くなった」と考えてみてください。何回でもいいです。もしかして、賢くなった気分になるかもしれません。しかし、自分の頭の良さは本当に変わりましたか?

今度は、私が「お腹が空いた」と言います。それを信じてくださると、そうですかと思うかもしれません。そして、自分の空腹の体験があるので、私の気持が分かると思います。しかし、『私の』空腹は感じられますか?

このように、考えとそれを構成する言葉には限界があります。言葉と考えは悪くありませんし、コミュニケーションと日常生活のためには欠かせません。しかし、言葉は現実の『説明』にすぎません。「リンゴ」、「かしこさ」、「空腹」という言葉は、リンゴなどそのものではありません。本物のリンゴを指し示している指です。本当のリンゴとはどんなものかが知りたいなら、その指が指しているリンゴに目を向けないといけません。私たちが考えを現実と間違っているときは、指をみて「リンゴだ!」と思っている状態と同じです。

その指を見たいのか、真実を知りたいのか。言葉を現実・真実と勘違いすると、何が問題でしょうか?

実験的に、「私の髪の毛が突然恐ろしい色に変わった!」と考えてみてください。そう考えると、何か問題おきましたか?多分ですが、そう考えても、その考えを信じていないため、問題を感じません。しかし、髪の毛の色が本当に突然変わったと信じたとしたら、気持はどうでしょうか?自分の気に入らない色でしたら、慌てて問題だと感じるでしょう。

これで何が分かるかと言うと、考えの内容はあまり関係ない、ということです。考えが変わっても、事実は変わりません。そして、同じ考えでも、実態と関係なく、その考えを信じているかどうかによって気持が変わります。私の知っている限り、どなたでもたくさんの矛盾する考えが常に頭を遮っています。私も、自分が頭がいいと思う時もあれば、次の瞬間に自分はバカだと思います。隣人がなんと素敵な人だと思うと、ちょっと気に入らないことをされると嫌な人だと思います。その考えによって私の気持も変わります。しかし、私の頭の良さが変わった訳でもありませんし、隣人が素敵な人から嫌な人に変身した訳でもありません。私の考えが事実そのものでしたら、自分がバカだと思う瞬間、バカになったり、なんと天才だと考えたら天才にならないといけません。考えが事実そのものでしたら、大変な世界になります!

多くの人は、自分にダメだしを言い、ダメだしほどダメージを与える嘘はないかも知れません。この文書を読むだけで納得はしないかもしれませんが、ダメな人はいません。

自分がダメだと思っている時、自分を実は視ていません。社会の観念、価値観、他人との比較などにとらわれているでしょう。現実に目を向けると、自分の身体があります。その身体は呼吸して、心臓の鼓動があって、血流もちゃんと流れています。自分がダメだと思うと、心が騒ぐかもしれません。どこかで「ダメじゃない!」と反発します。言い訳、相手や自分を責めたりすることは反発でしょう。どこか深いところにある自分の素晴らしさに気付いて欲しい、という可能性もあるのでは?

私は真実が知りたいです。悟りとは何かが知りたい、私は一体何なんだを知りたいです。したがって、私のサティアの実践は、言葉・考え・概念にだまされないように、言葉を信じるのではなく、真実そのもの、事実そのものに目を向けることです。悟り深い先生の言葉でも、信じるものではありません。素晴らしい聖典の言葉でも、信じるものではありません。最近流行っている良さそうな本も、このブログで書いてある言葉も、信じるものではありません。それらは、何かを指し示している指です。指を見て、言葉や自分の考えにだまされないこと、真実を見た気にならないこと、その示された先を見て真実そのものに気付くことが、私の課題であって、サティアの実践だと思っています。そうすると、答えが想像絶するぐらいすぐ近くにあると発見します。自分の存在そのものが答えです。この言葉を信じないで、よかったら自分を視て、全身全霊で知ってください。

——————————————————————————————————————

マドカ先生ありがとうございます!次回は、ムツコ先生による「ASTEYA」です!お楽しみに。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s