SHIZEN Yoga Blog

www.shizenyoga.com

イネコ先生 TAPAS

SHIZENヨガインストラクターによるYama、Niyamaの解説です。

「タパス」

inekotapas

タパスとは、熱心、厳しさ。

人生の最終目的に到達するためにいかなる状況下でも燃えるような努力をすること。

・身体にかかわることは: 禁欲(プラフマチャリア)、非暴力(アヒムサー)

・言葉に関することは: 言葉で他人を傷つけないようにし、神の偉大さをとき、結果にこだわらず真実を語り他人の悪口をいわない。

・ココロのタパスは: ココロが平静で安定しておりいつも自分をコントロールしている精神状態を育てること。

タパス

日本語でいうと修練。アサナの練習を身を焦がすように練習する。去年まではタパスをそう思っていましたが、去年から足を痛めてアサナの練習がまったくできなくなった時期が長くあり改めてタパスを考える機会を持ちました。すでにこのシリーズでサチコ先生がアヒムサーをそして牧野先生がプラフマチャリアを語って下さっていますがまさにこの両瓶が必要です。その両瓶があってこそタパスの教えが実戦できると思います。そしてカラダのタパスを突き詰めていけば言葉やココロのタパスもおのずと実践できるようになってくると思います。わたしにはまだ長い勉強の時間が必要です。

今日はここでいいたいのはみなさんの人生にもすでにたくさんのタパスの教えを学んでいるということです。子供時代を思い出して見ても特に学校生活では勉強や部活動、受験勉強。成人になっても社会、会社の中で金銭的なことやその中でのいろんな問題と向き合いながら生きていくことは子供も大人もまさにタパスの教えを特別なことではなく日々、学んでいますよね?時には眉をひそめることもあると思いますが目をそむけず、自分を嫌わず、前向きに挑戦していくこと。そしてアサナやプラナヤマや瞑想の練習はそのことを教えてくれる師でもあると思うのです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: