マリ先生インタビュー

D23CA286-CF80-4121-B241-C8BBAE354F84

ケイコです。

現在、木曜日13:00 ベーシック1、金曜日19:30(隔週)でリストラティブヨガを担当されているマリ先生が3月中、火曜日17:30のケイコのリストラティブヨガを代行してくださいます。マリ先生のリストラティブヨガでは、その優しいお人柄としっかりとした練習、そして知識に基づいたティーチングによって、心穏やかな時間を過ごせることでしょう。

みなさま、是非ご参加ください。

マリ先生にリストティブの魅力について、インタビューしました。

Q. リストラティブヨガとはどういうヨガですか?

A. リラックスを促し心身を回復させるヨガです。
「委ねるヨガ」とも言われますが、プロップス(道具)のサポートを使って体を委ね、またアグレッシブに頑張ってしまう自分を手放す時間に身を委ねます。

Q. リストラティブヨガの魅力を教えてください。

A. リラックスした状態で時間をかけてポーズを保つことで、自分の癖やその時の状態を観察することができます。そのように丁寧に自分と向き合うことで、日常の慌ただしさに煽られ、振り回されて緊張していた心身が落ち着きを取り戻し、居心地の良い自分と出会えます。このことが何にも代え難いリストラティブの醍醐味です。

Q. お写真のポーズについて教えてください。

A. 写真のポーズは、スプタヴィラーサナと言います。アーサナ(ポーズ)は食後すぐに行うものではありませんが、このポーズは食後に行うこともできます。なぜなら、消化を助けてくれるからです。supta virasanaは内臓を穏やかに活性化させる、まさに体の奥からリフレッシュできる魅力的なポーズです!

Q. 生徒さんに一言お願いします。

A. 変化が激しく、情報も多過ぎる現代社会で生活している私たちは、常に緊張し、気づかないうちに疲れが溜まっています。そんな日常の刺激から距離を置き、緊張をほどき、自分をリフレッシュさせる時間を持つことは貴重です。そしてリストラティブヨガはとても有効な手助けになってくれます。

心地良さをじっくり味わいながら身を委ね、心身が喜ぶ時間を一緒に過ごしましょう。

www.shizenyoga.com

アーユルヴェーダのセルフケア

産後クラス担当のチカです。

今日は妊娠中から長年1人目2人目お子さんと産後クラスに参加してくださっている馴染みの生徒さんの嬉しいご報告をシェアさせていただきます。

産後疲労で肩に炎症があり、抱っこ紐もできなかった産後クラスに参加のMさん。絶対に無理せずにヨガセラピーのシークエンスで練習し、その後、お家で温かいオイルマッサージとスチーム(お風呂)を数日セルフケアをお勧めしました。元々長く罹るとお医者様から言われていたのに4日で強い痛みは消え、可動域が増えて、抱っこ紐ができるようになりましたとご報告受けました。

こうして何度も様々なご報告をいただきアーユルヴェーダのセルフケアの偉大さを感じています。実践して快適に過ごせて、日常に生かされて本当の意味を感じます。

ヨガの練習で怪我をするなんて絶対にあってはならないことです。ヨギニは日常のケアにオイルマッサージをお勧めします。どう扱うか自分の身体が教えてくれます。

勿論!分からない時はクラスでお教えしますね!

678463E5-BB17-49DF-BC46-03834F740AAE

こちらの写真はかつて私がインドのアーユルヴェーダ病院で肩の炎症のために受けたセラピー。

この時も子供の長時間の抱っこが原因、炎症が起きていました。撮影はその抱っこされてた本人。

75870682-8BFD-440E-B48F-84AEDDEF313C.jpeg

こちらは 古典書の一つ アシュタンガフリダヤ
アーユルヴェーダのお勉強に欠かせません。

☆金澤誓子☆Chica Kanazawa☆

ヨガで道具を使う

IMG_6999

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオに訪れる方がまず気が付かれるのが、たくさんの道具があることかもしれません。

道具を使うことによって、より気持ちよくポーズが取れたり、ポーズがさらに深まったり、難しくてまだ挑戦することも難しいと思っていたポーズを練習しやすくしたり、そしてなによりも注意を向けにくい部分に注意を向けやすくしてくれます。最初は、道具を使うことに戸惑っていた生徒さんも、その効果を体で実感すると、積極的に道具を使い始めるようになります。

SHIZENヨガスタジオでは、道具の使い方も丁寧に説明しますので、「ヨガで道具は使ったことないな」という方も是非クラスにお気軽にご参加くださいね。

私は、最近特に、いろいろと道具を工夫してポーズをさらに洗練させていくのが、楽しくて仕方がありません。まずは自分の練習において、今まで教わったものをやってみて、それがうまくいくと、クラスで使うために、生徒さんを思い浮かべてはこういう方法もあるかな、と工夫していくと、あっという間に時間が経ちます。ベーシック1では、基本的な道具の使い方から、ベーシック2、中級では、けっこう工夫した道具の使い方もすることもあります。

ブログでも、いろいろな道具の使い方を紹介していきますので、お楽しみに。

旧ブログで紹介した記事もupしておりますので、ご参照ください。
スラントボード
ヴィパリータ・カラーニ・ボックス

www.shizenyoga.com

ブログ執筆担当からのご挨拶

6E1E609A-ABD4-49B5-9F64-285AE94430A7

ケイコです。

皆様、お待たせしました。新しいサイトとともに、新しいブログとなりました。引き続き、ケイコがブログを担当させていただきます。SHIZENヨガスタジオのブログの執筆をはじめて、なんと8年目となりました。ここまで長く続けられるのも多くの生徒さん、インストラクターと共に作っているブログだからです。本当に感謝です。

いままでも皆さんに多いに協力していただきました。シリーズクラスやスペシャルクラスのために、感想を書いていただくようにお願いすると、皆さん心とよく引き受けてくださいました。クラスで感じたこと、日々の生活へのつながりなど、その躍動感あふれる感想で、クラスに参加できなかった方たちにもクラスの様子がよく分かり、皆さんにも喜んでいただきました。メールもたくさんいただき、そのなかにみんながヨガで感じたワクワク感あふれる文章を読むとつい、他の方たちにも伝えたくなり、メールの掲載許可をいただいて、ブログに載せることも多かったです。

今後もみなさまのご協力のもと、執筆を続けていたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

https://shizenzyoga.com/

新SHIZENヨガブログにようこそ!

pexels-photo-295771.jpeg

True yoga is the exploration into the truth of “I”. The practices of hatha yoga engage the physical, intellectual, and emotional aspects of our human experience into this inquiry. Yoga may start simply as classes at SHIZEN Yoga Studio, but we hope that it becomes something more regular and more personal for you beyond the studio.  We believe practicing yoga will contribute to you having a more positive relationship with yourself, with your community, and with the world around you. This blog is our platform to inform, explore, inspire, educate, and create more dialogue about yoga and yoga at SHIZEN Yoga Studio.

真のヨガとは、「私とは何か」という真実を探求することにあります。ハタヨガの練習は、この問いと人間として経験する身体的、知的、感情的な側面をつなぎ合わせていきます。SHIZENヨガスタジオで、はじめは単に「クラス」としてヨガに出会うかもしれませんが、ヨガが日常的なものとなり、スタジオという範囲を超えた、よりパーソナルなものになることを私たちは願っています。ヨガの練習によって、自分自身、コミュニティ、そして私たちの周りの社会との関係をよりポジティブなものにすることに貢献できる、と私たちは信じています。

SHIZENヨガスタジオブログは、ヨガについての情報を提供し、いろいろな探求をし、刺激し合い、成長するための場です。ヨガ一般、そしてSHIZENヨガスタジオにおけるヨガについて語り合う場になればと願っています。

https://shizenyoga.com/