ガブリエラ先生とパトリシア先生のリトリート

ケイコです。

dav

FACEBOOK でも、写真を投稿していますが、SHIZENヨガスタジオからただいま、4人のインストラクターが、イタリア、トスカナ地方で、ガブリエラ先生とパトリシア先生のリトリートを受けています。

人数は、100人弱でしょうか。あらゆる国の生徒さんが参加されています。まず、初日にグループA、Bどちらに所属するか、ガブリエラ先生により、分けられます。今回のグループAの条件は、部屋の中心で10分頭立ちとそのヴァリエーションが出来ること。そして、ウルドゥヴァ・ダヌラーサナを部屋の中心で、行うことが出来ることでした。2年前の参加時よりも条件が厳しくなった気がしていたら、ガブリエラ先生が今回は、グループBが上級で、グループAがシニアだ、とおっしゃっていました。そして、その言葉の通り、今回グループAは、あまり念入りな準備ポーズなく、上級のポーズにチャレンジするという連続でした。ふだん、とりわけ、バックベンドには、入念な準備を経てから入る私としては、チャレンジングなことも多かったのですが、いろいろと新しいことができるのが、とにかく楽しい。自分の限度を無理せずにどんどんと広げていっている感じです。いろいろな国の方が参加しているので、プロポーションもそれぞれ。あまりにも違うので、「こうであるべき、これが正しい」というのにこだわらなくなっていきます。ガブリエラ先生も「私とパトリシアも全然違うでしょう。だから、それぞれの必要なものに対しするアプローチは変える必要がある」とおっしゃり、そのうえで、それぞれがさらに、深く自分のポテンシャルに気がつく出来るようにアドバイスしてくださいます。一つのイメージにとらわれるのではなく、どういうアクションが必要なのかを明確にしていくアプローチなのです。

1日のプログラムとしては、午前中がアサナクラス、午後がリストラティブ、頭立ち、肩立ち、プラナヤマです。朝7:30から10:00までガブリエラ先生が最初のグループを指導し、10:15から12:45まで次のグループをパトリシア先生が教えてくださいます。その後おいしいヴェジタリアンランチがあって、お昼休み。午後のクラスがそれ16:30と18:15から始まり、夕食が20:00からとなります。IMG_0994

お休みの間は、ノートテイキングしていることが多いのですが、あっという間に時間がたっていきます。今回は、パトリシア先生が、毎回、スートラを紹介してくださったので、私はそれを英語で読んで、日本語に訳すという作業をしていました。アイアンガー先生の解釈もご紹介してくださり、さらにそれを解釈して、アサナへのアプローチに、もしくはアサナを使って、ヨガスートラの解釈の手助けとしてくださるので、これがとても面白いのです。

IMG_0970.JPG

近くに温泉で有名な町があるので、今年こそ!と水着を持ってきましたが、結局、使わずに終わりそうです。

www.shizenyoga.com

 

インターナショナルヨガセラピーデイ

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオで、長年教えてくださっていたマドカ先生が、コーディネーターをされているインターナショナル・ヨーガ・セラピーデイのご紹介です。

国内外から数多くのヨガ講師が集まる日となりそうですよ!

下記はウェブサイトからの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学ぼう!世界のヨーガ・セラピー
ヨーガ・セラピストが集まりインターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイを世界で初めて開催します。
私たちの社会では、生活習慣病やストレスが原因で発症する病気が増えています。健康のために、病院や薬にだけ頼るのではなく、自分でできる何かを探し求め、そして、ヨーガに行きつく人たちが多くいます。しかし、皆さんは知っていますか。症状を持った人たちのために作り出された「ヨーガ療法(セラピー)」が日本をはじめ世界中にあること。実はあまり知られていないこのヨーガ療法をより多くの人に知ってもらえるように、アジア・オセアニア・欧州・南北アメリカのヨーガ・セラピストが集まりインターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイを世界で初めて開催します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年7月5日(木) 大宮ソニックシティ市民ホール
詳細は下記ウェブサイトから。
http://www.yogatherapyday.com

ご興味のある方は是非!

7月16日(月•祝)ティーチングスキル

ケイコです。

IMG_0913

7月16日(月・祝)にティーチングスキルをこの2人で行います。

SHIZENヨガスタジオのドミニカ先生とケイコ、両方のクラスに出て下さっている生徒さんが多いのですが、その皆さんによく言われるのが、「先生方、いつも週ごとにテーマ決めて教えるのですか?やるポーズやペアワークが同じことが多いです」。どうやら、ドミニカ先生と私クラスの内容やテーマがかぶることが非常に多いようなのです。実は2人、またはSHIZENヨガで相談して、テーマを決めることはしてないのです。SHIZENの先生方はよく一緒に練習したり、勉強会をしたりしているので、そこで、アイディアの交換や生徒さんに必要なことを話し合うことは多くあります。ただ、練習とは全く関係のないことを教えて、クラス内容がドミニカ先生と私はかぶることも多々あるようです。こういうことは、実はヨガを教えていると不思議によくあることのようで、アメリカ時代もマーラ先生の授業内容とよく同じでした。1年に1、2回しか教えないようなポーズを自分が昼間教えたら、夜の先生のクラスでまったく、同じポーズを似たシークエンスで教えてくださったこともありました。多分、生徒さんに必要なことを感じ取るのでしょうが、時々、ヨガの神様が「これしなさい」と導いて下さっているのかな、と思います。

さて、そんな2人がガッチリとこのテーマについてじっくりやろうと事前に念入りな打ち合わせをするのが2人で行うティーチングスキルやリトリートです。

7月16日(月・祝)のティーチングスキルはねじりの集中講座にもなっていますので、ご興味ある方、是非ご参加ください。

ヨガが好きで、それをみんなに伝えるのが嬉しくてたまらない2人です。それぞれが培った長年のスキルをシェアするのを楽しみにしています!

みなさまのご参加をお待ちしています。

詳細、お申し込みはこちらから。

www.shizenyoga.com

代講の先生のご紹介!

ケイコです。

6月18日(月)から29日(金)まで、ドミニカ先生、ムツコ先生、タマミ先生、私の4人が、イタリアでガブリエラ先生とパトリシア・ワーデン先生の元でヨガ研修に行ってまいります。ドミニカ先生と私は3回目、ムツコ先生とタマミ先生は2回目となります。

ヨガを教えるうえで私たちが大切にしていることは、常に学ぶこと。こうして、海外まで学びに行きたい!と心底思える先生がいらっしゃることは、本当に幸せなことです。2週間、「生徒」になりきり、学んでまいります。

マリ先生はすでにブログを書いてくださいましたが、代講してくださる他の先生方もご紹介します。

6月後半はスケジュールが不定期になります。必ず、スケジュールをチェックしてからいらしてくださいね。

IMG_0796

ミキ先生(左側)よりメッセージ!

先生方の担当クラスでもすでにお知らせしていると思いますが、来週より4名の先生方がイタリアにヨガ研修に行かれます。

その間もスタジオのほとんどのレッスンは代講の先生方により通常通り開催されます。私は通常マタニティクラスを担当していますが、ベーシッククラス、特別クラスを担当させていただきます。

特別クラスでは、女性のためのケア1日特別プログラムと題し、ペルヴィックフロアヨガの内容を短時間に凝縮してお伝えします。数年前にレスリー先生が初めてシゼンでワークショップをされた時に初めてペルヴィックフロアヨガを受け衝撃的でした。
女性に是非とも知ってほしい内容です!

スタジオで皆さまのご参加をお待ちしています。

IMG_0508

皆さんご存知の幸子先生

イギリスに移られる前に長年教えてくださっていた金曜日の11:00-12:30のゆったりヨガを代講してくださいます。是非、会いにいらして下さいね。

IMG_0818

クミコ先生

ティーチング歴も長い先生です。長いことケイコのアシスタントをしてくださっています。また、ドミニカ先生の中級シリーズクラスのアシスタントもされているので、ご存知の方も多いと思いのではないでしょうか。楽しい先生ですよー。

クミコです。
今回も代行の機会をいただきました、とても光栄です!

先生方がご不在の期間も、安全に、ひたむきに、習慣化されたいつもの練習となるように、わたし達がいつも一緒に学んでいることを気負わず真摯にお伝えできるよう務めます。

・・・と書くとなんだか硬い?ですが(笑)、わたしも緊張感含めて楽しみます!どうぞ楽しみにいらしてくださいね。よろしくお願いします!

IMG_0843

ヨウコ先生も長年、SHIZENヨガスタジオで生徒さんとして、アシスタントとして、先生として、多くの生徒さんの信頼をガッチリとつかんでいらっしゃいます。今回は、ドミニカ先生に火曜クラスを代講してくださいます。

ヨウコ先生がメッセージをくださいました。

いつもアシスタントしているヨウコです。ドミニカ先生の代行をさせていただくのを楽しみにしています。一緒に楽しみましょう!

www.shizenyoga.com

6月後半バックアップ体制万全です!

マリです。

IMG_1902

6月後半、SHIZENの先生方が数名、イタリアへヨガの研修に行かれます。

いつも、たゆまぬ努力で勉強を重ねている先生方ですが、こうしてまたさらに知識を深め、クラスで教えていただけることを思うと、留守番隊の私にとっても、とてもワクワクしています。

しかし!
ただただ首を長くして先生方のお帰りを待っているだけ、なんてことはありません。その期間、多くのクラスは通常通り、代行の先生方によって開催されます。私もいくつかのクラスを担当させていただきます。

詳細はこちら、またはスケジュールページをご覧ください。

以前、ケイコ先生がアメリカに勉強に行かれた時、いつもクラスに参加されている方が、
「先生が不在の間に、苦手なアーサナを克服できるように頑張りたい」
と話してくださいました。

とても素敵な目標だと思いました。
苦手だと思っていたアーサナがちょっと好きになったり、面白いと思えるようになったり、やり甲斐を感じられたり、心地よさが見出せたりするだけでも、すでに苦手意識を克服できたことになります。普段と違うシチュエーションだからこそ気づくこともあるかもしれないです。

そして少しでもそんなお手伝いができたらと思っています。

皆さん、是非クラスにお越しくださいね!

www.shizenyoga.com