「ヨーガハ」なの?「ヨーガシュ」なの?

ケイコです。

IMG_2075

ヨーガスートラの1:2にヨガを定義しているスートラがあります。「ヨガとは意識の動揺を静めるものである」。随分前に初めてヨガのトレーニングを受けた時には、発音は、「ヨーガ チッタ ヴリッティ ニローダハ」と習いましたが、その後、「ヨーガハ」だと教わりました。

yogaḥ citta vṛtti nirodhaḥ
ヨーガハ チッタ ヴリッティ ニローダハ

ḥ hの下に点がある場合は、前の母音を繰り返すので、この場合は、aが繰り返され、haとなり、Yogaha(ヨーガハ)となります。カタカナで「ハ」と書きますが、気音といって、息を吐きながら出す音だと習いました。Nirodaḥも同様で、Nirodaha(ニローダハ)ですね。

ただ、他の文献を見ると

yogaścittavṛttinirodhaḥ
ヨーガシュチッタヴリッティニローダハ

とあります。あれー?「ヨーガシュ」なの?

サンスクリット語に詳しい方に聞いてみたところ、単語同士を離し、独立して一つひとつ発音する場合は、「ヨーガハ」と発音し、「ヨーガハ チッタ」となるそうです。単語同士を続けて発音する場合は、この場合は気音のḥ がcittaのcの前でśとなり、「ヨーガシュ」(しかもこの「シュ」はカタカナでは表現できないくらいの微妙な音)となり、「ヨーガシュチッタ」となるそうです。

結論。
単語を一語一語発音する場合が「ヨーガハ」
連続して読む場合が「ヨーガシュ」

サンスクリット語なんだか、面白そうで、もう少し勉強したくなりました。こうやって、少しの疑問から、興味を持つんですね。

上記の説明は、サンスクリット語に詳しくない私のためにかなり簡略に説明されたものなので、11月には、ナオ先生にもう少し正確で詳細な説明をお願いする予定ですので、お楽しみに!ナオ先生は、シリーズクラスでマントラのクラスを担当されています。また、11月25日(日)17:00-18:30に「マントラ特別クラス」もされますよ。

www.shizenyoga.com

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s