水曜日朝9時はじめてのヨガからベーシック1

ムツコです。

みなさん、朝一番クラスで、頑張っています!このクラス2シーズン目ですが、みなさんとても、集中してまた熱心に通ってくださっています。 初心者の方から練習を重ねている方それぞれですが、みなさんいつもヨガに真摯に向き合って、練習を行なってくれています。

はじめての方や経験者の方、五月からシリーズクラスでヨガはじめてみませんか?

下記に生徒さんの感想あります。KUさん感想本当にありがとうございます!

11E99D5E-41AD-4F98-9693-DB1F07442C15
(KUさん、シリーズクラス秋、冬受講)

私がシリーズクラスを受講しようと思ったのは、もともと人より体が硬いことがコンプレックスで、何とか体を柔らかくしたい!ということ、そして1シリーズ14回のレッスンを通して、ヨガについて体系立てて学べると思ったからでした。初日は、ムツコ先生から「体を柔らかくすることは実は簡単。それよりもちゃんと自分の体を観察してほしい」と言われ、「自分の体を観察???」という感じで始まりました。もともと踊りを長く続けていく中で、自分の体の癖はかなり把握している方だと思っていたのですが、ヨガを始めて自分がずいぶん「諦めの良い人」だったのだと知りました。ヴィラバドラーサナ2(戦士のポーズ2)を初めてやった時に、後ろの足の股関節の付け根がものすごく痛くて、「もう無理!このポーズは絶対できない!」と思ってしまいました。その時先生から「両足のふとももをグッと外旋させること」と教えて頂き、家で練習するときに、「外旋外旋・・・」と意識しながらゆっくり外旋させると、痛くなく開くことができ、おおげさですが、悟りを開いた気持になりました。今までは、痛ければ体が硬いことのせいにして、なぜ痛いのかも考えずそこで止めてしまっていたんですね。「これが体を観察するということか」とすとんと納得しました。今では一息で膝を曲げる時も、すんなりできるようになりました。それ以来、苦手なポーズをやる時は、どこに力が入っているのか、どこか無理をしていないか、自分の体の状態をじっくり観察するのが楽しみになりました。

シリーズクラス中は、同じポーズが日を変えて何度も出てきます。そのたびに前回できなかった所ができるようになったり、よく理解できなかったポーズが他のポーズをすることによって理解できるようになったり、行ったり来たりしながら、自分の体に関して楽しい発見がたくさんあります。家で練習している時に感じた疑問には、どんなに変な質問でもムツコ先生がメールできちんと回答してくださるので、本当に安心してヨガを学ぶことができます。

他のクラスメイトの方を見て、「体が柔らかくてうらやましいな~」と思うこともまだまだたくさんありますが、毎週決まった曜日に行われるシリーズクラスは、自分のペースで自分に向き合える貴重な時間です。

KU

shizenyoga.com