ヨガと感情の安定

ケイコです。

少し前、中国でコロナウイルスの影響で、ヨガマットを購入する方が増えた、というニュースを聞きました。ヨガはお家でできるし、心が不安になりやすい、ストレスがかかる時、最高にいいからです。体を動かすのはとっても大切!

ヨガをすると、気分が軽くなり、前向きになるように感じることはありませんか。私は、ほぼいつもです。なんだかいらいらしたり、不安があったり、緊張感がある時に、呼吸にあわせてヨガをすると心が落ち着くものです。あのすっきり感は、本当にありがたいですね。

IMG_4955

ヨガを学ぶ時、簡単なポーズから始まって、段階を踏んで徐々に難しいポーズに挑戦していきます。「難しい」ポーズには、普段、自分がしない、苦手とする動きが含まれています。つまり、自分にとって、もしくは筋肉にとって、「新しい」動きが必ず含まれているのです。今までやったことのないポーズや動きにチャレンジするときは、体はすんなりと動きません。伸びないところがあったり、力が入らないところがあったり、逆に伸びすぎたり、力を入れすぎたり。マインドもこれは苦手なポーズだ、やりたくない!と騒がしくなるでしょう。

新しいポーズに挑戦するということは、体にとって必ずしも快適ではない状態をどう快適にするかということにチョレンジし、体とマインドが対処の仕方を探るために働くということでもあります。ヨガでは、常々ポーズを使って、体と心にとって新しいことに挑戦し続け、対処方法を探っています。だから、普段の生活でも突発的に何かが起きた時、それに対処する習慣がついているため、感情をコントロールしやすく、メンタルが安定しやすくなるのではないでしょうか。

前回ご紹介したお手紙でも、生徒さんが「そして今も大嫌いで、これが無くなっちゃえばいい!とまで思い続けている(今まで放置して来た)苦手アサナを毎日1回は試し、出来なくてもまぁいいかと自分を笑っています。」とおっしゃっていましたが、まさしくそれが大切なんですね。

みなさんも、クラスでやったけど、ちょっと苦手だったポーズをお家でチョレンジしてみてはいかがでしょうか。同じポーズをいろいろな工夫して行ってみたり、また前後のポーズのシークエンスも自分で考えてみるのも面白いですよ。

SHIZENヨガスタジオでは、セルフプラクティスに関するクラスを積極的に取り入れてますので、スタジオ再開後には、ぜひいらしてくださいね。

ドミニカ先生 特別クラス「ホームプラクティスを始めよう」
ケイコ シリーズクラス「セルフプラクティスを確立する」(5月より新シリーズ開催予定)

shizenyoga.com