春休み特別企画 Spring Break Special

English below
*春休み特別企画
12-20歳のお子さまも一緒にご参加いただけます。その場合お子様は無料です。
是非一緒にヨガを楽しみましょう!

3月24日(日)17:00-18:30ヨガの基礎 -足に意識を向けよう ドミニカ先生

3月30日  (土)   19:00-20:30女性のためのヨガ ミキ先生

*Spring break special: Child (12yr-20yrs) accompanying a participating adult is free at these classes!

3/ 24 (Sun) 17:00-18:30 Yoga Basics FEET! All Level  Dominica

3/30 (Sat) 19:00-20:30 Yoga for Women  All Level  Miki

SHIZEN ヨガスタジオ15周年アニバーサリー企画スタート!SHIZEN Yoga 15th Anniversary Kick Off!

English follows below.
15周年アニバーサリー企画の一つとして、ディスカウントチケットをご用意しました。はじめての方に限り1クラス 特別価格の2,000円(通常3,000円)でご参加いただけます。チラシをご持参いただくか、HP、ブログ内のクーポンページをスマートフォン・タブレット等で受付時に提示してください。有効期間は3/31(日)まで、3月限定となっております。 ぜひSHIZENがはじめてのお友達にご紹介していただけたら嬉しいです。

SHY_15years_flyer_20190227.jpg

SHIZEN Yoga 15th Anniversary Kick Off

This month only our March special anniversary promotion for first time students new to yoga or to SHIZEN studio. Present this flier coupon above or as a pdf image on smartphone to receive a special drop- in rate of ¥2000 (reg ¥3000) for your first class . Classes are 90 min. Offer expires March 31st.
We appreciate if you share with your friends!

shizenyoga.com

 

2019年1-4月新スケジュール Jan- April 2019 new schedule

English follows Japanese.

スタッフです。

2019年1-4月の新スケジュール、新しいクラスが加わります!
また、木曜日と土曜日だったマタニティヨガが木曜日のみとなったり、時間変更などがあります。代行など詳細はスケジュールページでご確認ください。

月 11:00 ベーシック1 ムツコ先生
火 13:00 ゆったりヨガ ムツコ先生
水 17:30 女性のためのヨガ ミキ先生 NEW!
木 9:00 ベーシック1/2 ドミニカ先生
土 13:00 ベーシック1  マリ先生 NEW!
土 15:00 ベーシック1/2 タマミ先生

shizen_schedule_2019_01-04 (PDF)

SY_schedule_2019_01-04_b.jpg

New January- April 2019 open class schedule!

Some open class changes and new additions have been made to the Jan- April 2019 schedule.

Mon 11:00 Basic 1 Mutsuko
Tue 13:00 Gentle Yoga Mutsuko
Wed 17:30 Yoga for Women Miki NEW!
Thu 9:00 Basic 1/2 Dominica
Sat 13:00 Basic 1 Mari NEW!
Sat 15:00 Basic 1/2 Tamami

shizenyoga.com

New Year 2019 Inspire your practice

English follows Japanese.

ドミニカです。

低いところを狙って当てるより、高いところを狙って外す方がいい。~レス・ブラウン

練習は、長期に渡って休みなく一生懸命に取り組むことで、しっかりと確立される。
パタンジャリのヨーガ・スートラ1章14節 ―エドウィン・ブライアント

ヨガは、本来数ヶ月や数年ではなく、生涯行うべきものです。ヨガを実践する上での難しさは、関節や筋肉の硬さではなく、定期的に練習する習慣を作り上げて、長期間維持することです。始めのやる気はそのうち萎えていきます。炎と同じ様に、消えてしまわないよう気をつけて、燃やし続ける必要があるのです。時には炎の燃え方が一定になって変化がなくなることもあります。絶えず新たな火種を追加して、消えそうな燃えさしを焚きつけ、練習の炎を絶やさないようにしなくてはなりません。今こそ、高みを目指して大きな夢を描き、やる気の炎を奮いたたせて、思いきり自分に挑戦してみるのに良い時です。今後いろんな間違いを犯して何かを学んだり、思いがけない出来事に直面して驚いたりすることもあるでしょう。それを楽しみにしつつ、さらに練習に励んで前に進んでいきましょう。

このスライドショーの写真は、2018年SHIZEN ヨガスタジオで毎週行われた練習で撮られたものです。このインストラクターの練習時間は私たちにとって、互いにシェアし、学び、教え、触発しあえる、とても貴重な時間です。そして、しばしば、自身のティーチングの源ともなり、SHIZEN ヨガスタジオの精神がそこに宿っているのです。

本年度もよろしくお願いします。

This slideshow requires JavaScript.

It is better to aim high and miss, than to aim low and hit.- Les Brown

Practice becomes firmly established when it has been cultivated uninterruptedly and with devotion over a prolonged period of time.
Yoga Sutras of Patanjali 1.14- Edwin Bryant

Yoga is not something intended for a few months, or years but for a lifetime. The challenge in yoga is not stiff joints or tight muscles but to establish a regular practice and then to sustain it over the long term. The enthusiasm we begin with soon wanes. Like a fire it must be tended to and fed to keep from burning out. Sometimes the fire burns even and steady. More frequently we need to add new kindle, to stoke the dying embers to keep the fire of our practice going. Now is the time to feed the fire of our enthusiasm by reaching high, thinking big and envisioning a dream to really challenge ourselves. Lets look forward to the mistakes we will make and learn from, and to the unexpected surprises we will encounter along the way to further cultivate our practice and propel it forward into the new year ahead.

The slide show photos are taken from some of the SHIZEN instructors weekly practices over the year 2018. Our instructors practice time is a precious time for us to share, learn, teach and  inspire each other. It is often the source of our teaching and the spirit of yoga found at SHIZEN Yoga Studio.

From all of us at SHIZEN, we wish you an inspirational new year!

shizenyoga.com

Yogic living: Digital fasting.

English follows Japanese.

ドミニカです。

デジタルファスティングは、マインドにとってのサウチャ、つまりきれいにすることクレンジングで、現代に生きるヨガの実践者にとってはたいへん有益です。デジタルファスティング(訳注:ファスティングとは断食のこと)とは、1週間に1回電気機器から離れたオフの時間をとることです。それは、つまり丸一日中、携帯をチェックしない、テレビを見ない、コンピュータを使わないことです。デジタルファスティングをすることによって、広告やソーシャルメディアを通じて伝達される宣伝やメールによってもたらされる、ほかの人の課題から私たちのマインドと気持ちを切り離すことが出来ます。そうすることによって、内側に目を向け、自分たちの課題に取り組み、外部から影響を受けることなく、自分たちの思考や感情に注意深くいることを可能にします。私たちは、他に気をとられることなく、家族や友人と過ごす時間を優先し、物理的環境においてインタラクティブで創造的でいることができるのです。デジタルファスティングによって、私たちはマインドをリセットし、私たちがデジタルな世界に戻った時によりバランスの取れた展望を持ち、本物の世界とより深い関係を保つ手助けとなるのです。

年末年始、是非、デジタルファスティングに挑戦してみてくださいね。

48420541_1952221894893432_7137037792458047488_n

Digital fasting is saucha or cleaning/cleansing for the mind and is a beneficial practice for the modern day yogi. A digital fast is taking time off from electronic devices once a week. It means not checking your phone, watching t.v., or opening your computer for one whole day. A digital fast unplugs our mind and hearts away from the constant stream of commercials, emails and the agendas of others that engage us through advertising and social media. It enables us to turn inward and consider our own personal agenda and to be attentive to our thoughts and feelings without outside influences.   We can prioritize time spent with family and friends without distraction and become more interactive and creative with our physical environment. A digital fast resets our mind for a more balanced perspective when we return to the digital world and helps us maintain a deeper relationship with the real world around us.  I hope you will try a digital fast this new year holiday!

Dominica

www.shizenyoga.com

 

ホームプラクティス:女性のためのヨガシークエンス

English follows Japanese.

ドミニカです。

今日、ご紹介するシークエンスは、お腹の緊張をゆるめる必要がある症状に役立ち、腹部の内臓の循環を促します。また、重い月経痛がある時に痛みの緩和となるでしょう。

道具:ボルスター、ブランケット3枚、ブロック2つ、ベルト2本、椅子2脚、(あれば)サンドバッグ2つ

時間:15分から30分
ホールドの時間によって、練習時間を変えることができます。ご自分が快適な範囲内で、それぞれのポーズを2分から6分ホールドするといいでしょう。

モデルとなっているのは、2019年からシリーズクラスで新規講座「健やかな女性のためのヨガ」を担当されるミキ先生です。

お写真左から右へと続きます。

1) スプタ・ウパヴィシュタコーナーサナ
2)スプタ・バッダコナーサナ
3)脚を開いたセトゥ・バンダ・サルヴァンガーサナ
4)セトゥ・バンダ・サルバンガーサナで足を合せき、もしくはスワスティカーサナ(太もも、ふくらはぎをサポート)
5)ウパヴィシュタコナーサナ 椅子の坐面が肩甲骨より低くくるようにして、肩の上部がボルスターによってサポートされるようにします。頭と首の後ろをブランケットに休ませます。骨盤がニュートラルな状態か、お腹は前に押されていないか、腰に負担がかかっていないか確認します。サンドバックがある場合は股関節の近くに置きます。
6) バッダコナーサナ 必要に応じて外太ももをサポートします。
7) シャヴァーサナ 椅子2つ、膝にベルト、太ももが平行、足首が膝よりも広がるようにすること。

以上のポーズは全てお腹の力を抜く手助けとなり、腹部の血行をよくします。首や肩には緊張がないようにし、顔の筋肉は柔らかく保ちましょう。呼吸の質を観察して、リラックスさせ、吸う息と吐く息の長さを同じにします。

My Home Practice: Yoga for Women Sequence

This sequence is good for conditions that need to relieve tension from the abdomen, and promote better circulation in the abdominal organs. It also creates relief for heavy menses.

Props: bolster, 3 blankets, 2 blocks, 2 belts, 1 chair, 2 sandbags (optional)
Time: 15 min short practice or 30 min long practice
Each pose should be held comfortably for 2 to 6 min as your ability enables.

Photo sequence from left to right
1 ) Supta upavista konasana
2 ) Supta badhokonasana,
3) Setubhanda sarvangasana legs open
4) Setubhanda sarvangasana legs badhakonasana or svastikasana ( support outer thigh/calves)
5) Upavista konasana chair edge below shoulder blades, upper shoulder supported on bolster, back of neck and head resting on blanket.  Be sure pelvis is neutral, abdomen is not pushing forward, and there is no compression on back. If using sandbag, weight should be placed close to the hips joints.
6) Bhadokonasana  Outer thigh supported as needed.
7) Savasana 2 chairs belt at knees- thighs parallel, ankles wider apart than knees.

All of these postures encourage releasing tension and circulating energy in the abdomen. There should be no tension in the neck or shoulders, keep the facial muscles soft. Observe your breath to increase its quality and encourage relaxed and even inhalations and exhalations in the pose.

www.shizenyoga.com

Yogic Lifestyle: eating light

English follows Japanese.

ドミニカです。

忙しい生活のなかで、ヨガインストラクターや生徒さんにとって、食べること、いやむしろ食べないことが、時にチャレンジとなります。ヨガのレッスンの前に食べないようにすることは仕事、ヨガのティーチング、ヨガクラススケジュールが詰まっている時は難しいこともあります。この数年で自分にとって役に立ったお勧めを下記に記しますね。クラスとクラスの間に少ししか時間がないとき、あと数時間のティーチングや練習をするのに、少し軽いものが必要な時にお役に立つでしょう。私たち一人ひとりは違うので、自分にとってどれが消化がいいか理解し、必要な時に携帯することができるように家にストックを置いておきましょう。

*クリスプブレッドは、種と穀物から出来ている、厚みのある中身の詰まったクラッカーです。消化がよく、クリスプブレッドクラッカー1枚で十分にお腹を満たすでしょう。(現在、カルディで取り扱っています)。
*ナッツ類もまたしっかりと咀嚼して食べれば、お腹がもたれることなく、エネルギー源となる軽食となるでしょう。
*新鮮な果物、もしくは野菜を数切れ
*少量のドライフルーツ
*ヨーグルト

snack

食事をまったく取らないよりも、適切な食べ物を少し摂取する方が、効果的に練習をするために、体とマインドが必要とするエネルギーを供給し、精神的身体的バランスをとる手助けとなるでしょう。

何か、他にお勧めのものがありましたら、ぜひ教えてくださいね。

Eating or should I say not eating is often a challenge for yoga instructors and students with busy schedules. To avoid eating  before practice can be challenging when work, teaching, and class schedules are tight.  Here are some suggestions that I have found helpful over the years. These suggestions are perfect between classes when there is little time to eat but you need something light to hold you through another few hours of teaching or practice. Since each of us is different, get to know what digests well for you and keep some of those foods in stock at home to take with you when needed.

*Crispbread is a thick dense cracker made of seeds and grains. It digests well and one crispbread cracker can fill you easily.  (It is now available at Kaldi Farm.)
*Nuts are another light snack if chewed thoroughly that gives energy without weighing you down.
*A piece of fresh fruit or vegetable
*A little dried fruit
*Yogurt

snack

A little of the right food will provide you with the energy your body and mind needs to practice more effectively than no food and contribute to maintaining your mental and physical balance.

If you have any other suggestions please let us know!

www.shizenyoga.com