チカ先生アーユルヴェーダケア

チカです。

F7265ADD-CFAC-49B2-A3FD-404F190B5061.jpeg

年末に向かって日に日に寒さが増しはじめ、空気は乾燥してきました。

ヨガの練習を日頃からされている皆さんはいかがお過ごしですか?今回はこの時期にヨガの実践と一緒に行うと風邪の予防に繋がるインド伝承医学のひとつアーユルヴェーダのケアを幾つかご紹介します。

声を出すかたにはとてもいいケアです。口の中を清潔に保つことが唯一の予防策になってきます。

☆毎朝の舌洗浄

舌の味蕾を傷つけないように優しく搔き撫でて毎日汚れをとりましょう。

☆喉のケア

アーユルヴェーダの一般的なケアとして食後すぐに活動するのは、咽頭に害があるのでお勧めできないことや鼻孔に温かい鼻専用薬用オイルを2滴下すことも「声」に良いとも言われます。

そして、日本人には馴染みのある 「うがい」。みなさんはどのようにされていますか?うがいのことを ガントゥーシャ ダーラム または カヴァラと言います。

(↑実はうがいの行い方には2種類あります。これについては専門的になり長くなるので今回は割愛しますね。)

☆オイルうがい
口が乾燥したり荒れているタイプ。(ヴァータ性)。アーユルヴェーダうがい専用の薬用オイルもありますが、私たち日本人は 太白ごま油やココナツオイル 食用オイルで良いでしょう。オイルを小さじ一杯 口にして5分程度、口に含み、分泌物が出始めてから、洗面の排水溝に流さずペーパーなどに吐き出す。ぬるま湯で軽くすすぐ。

☆渋味、酸味、塩味に属する煎液のうがい
口の粘つき、口臭のタイプ(カパ性 タイプ)
日本でも昔からお茶や塩水でうがいが行われてきましたね。浸透圧の原理から塩うがいは有効なのではと個人的に考察しますし、カテキンを含み渋味もあるお茶が口の粘つきを取るのも理にかなっていると思います。

塩うがい(カップ1のぬるま湯+塩小さじ1杯程度)、また抗菌作用が期待できる代表的なスパイスのターメリックを加えてもスッキリとするでしょう。無い方は塩うがいやお茶うがいでも十分。ターメリックは黄色のターメリック色素があり白い洗面所が染まってしまう事があります。ご注意ください。

☆ 非加熱の蜂蜜を口に含む
抗菌作用があり熱の性質と捉える蜂蜜。食べても身体は冷えない身体をあたためる作用をもっていると言われます。そして生の蜂蜜自体はサットヴァであり オージャス。蜂蜜を口に含むと歯石予防効果が期待できると研究結果もあります。しかし、あつい熱を加えてしまうとアーマを産むとされ実際にAGEs 終末糖化産物が増えます。熱い飲み物に蜂蜜は入れないようにしましょう。

私は風邪を引きそうと思った夜にドライジンジャーと蜂蜜とターメリックを練って口に含み、穏やかな温度の白湯を飲んで就寝します。

注意: 1歳未満の乳幼児の蜂蜜の摂取は厚生労働省でリスクが高い食品とうたれています。

さぁ本格的な冬が来ますね。

‪12月1日予約開始のシリーズクラスでは‬
Yoga Beyond Asana – アーサナの先へ
アーユルヴェーダの入門編を担当します。
あらゆる先人の智慧により生きとし生ける者が輝き命を全うできますように。

一番上の写真は今年の夏、デリーに1人で訪れた時のものです。

今日も一日ごきげんよう。

www.shizenyoga.com

チカ先生のアーユルヴェーダ道中

チカです。

こちらインド。

ひとり乗り込んだインドでしたが、今年はあいにくのKeralaの洪水でKerala入りできませんでした。Delhi経由で入国して超ラッキーです。素晴らしいブレッシングにより、私はKerala出身のAyurveda doctorを訪問しています。そしてdoctorとさまざまなKeralaの状況やAyurvedaと日本の関係もお話いただきました。

実は、私今年春のベトナムで足首をひねり骨折をしていました。今回はそのトリートメント含めて良い経験をしています。

朝、自然に目が覚めて、清めて、祈り、
呼吸を深く何度もして(プラーナーヤーマ)
消化できる分だけ知性を使って食事を摂り、慌てず、余計な心配せず身を任せ、
常にネタを考え?お笑い(根が関西やからね)を忘れず、仕事は集中して、人や動物や地球に優しく発する言葉を素敵にして、早く寝む。

これがヨーガとアーユルヴェーダのエッセンス。

どこにいても変わりません。
でも毎日は変わります。
可笑しいですね。笑

今夜はステイ先のマザー(madam)にベジタリアン鮨を教える先生になります!

ではまた
ナマステ!
Jai Yoga! Jai Ayurveda!

インド道中
@チカ
金澤誓子

www.shizenyoga.com

記念すべき インド政府団 伝統医学省 セレモニー&セミナー in インド大使館

チカです。

このたび西日本における豪雨により甚大なる被害が連日報道され、今日までに多くのかたが尊い命を失われたこと心よりお見舞い申し上げます。祈ることしかできない無力さを感じております。

そのような最中、2018年7月8日。
インド政府が伝統医学省が本格的にアーユルヴェーダのプロモーション活動を開さ記念すべき第一回セレモニー&セミナーがインド大使館で行われました。

image1

日本でアーユルヴェーダを志し資する方達がご招待され、私とヒサコ先生も参加させていただく機会に恵まれました。沢山の仲間にお会いでき歓談できたことも幸せなことです。

つい先日の国際ヨガディでもモディ首相自らヨガを練習をされ、国全体から世界に発信されたのは記憶に新しいところ。

インド政府にはAYUSHという伝統医学を管轄する省庁があります。
(A アーユルヴェーダ Y ヨガ U ユナニ S シッダ H ホメオパシー)
このような知的財産を広くシェアして人々の健康が幸福であることを世界共通認識で健康推進していく意図があります。

各分野の専門家、有識者の登壇発表はインド政府が行う第一回セミナーに相応しく自由でアカデミックでした。インド政府にはAYUSH省から、 ラジェーシュ・コテーシャ博士の「Ayurvedaの役割」と「Ayurvedaが信頼できる薬用システムである理由」アーユルヴェーダが次世代に残していく永続的な取り組みが語られ前のめりで耳を傾けました。

image2

日本政府からは内閣官房 健康・医療戦略室次長の藤本氏が登壇され保健衛生、予防、食事、栄養など健康推進の街づくりまでを進行し医療、介護の依存を最小化しアジア全体で協力推進バランスが取れたヘルスケアの実現を期待できることや、アーユルヴェーダの病気の予防、健康維持は新しい軸となるではないか。などと、お話しされました。

これまで、日本では薬事法などの法律規制面からアーユルヴェーダの活動に注意喚起が多いにある中、今回の日印政府の公式な取り組みを拝聴するにあたりヨーガとアーユルヴェーダにおける新たな出発となったわけです。
それには過去に日本におけるアーユルヴェーダの発展に貢献されてきた故、丸山先生 故、幡井先生 、日本人として初めてアーユルヴェーダ医師になられた稲村先生、旦那様で90歳になられるシャルマ先生の功績は誇りでもあります。

もちろんヨガも!

国際ヨガディに関わりの大きいヨゲンドラ先生。

image3
小さな子供達にヨガを教育の中で自らが心と身体をマインドをコントロールできていくようにアサナやプラーナーヤーマを入れた「ヨガゲーム」を教育に取り入れているとのこと。

先日NHKの探検バクモンに出演した大使館専属の(下記の写真中央)ヨガマスター ヘーマント・シャルマ先生には大使館内のステキなスタジオを見学させていただきました。

image4

image1

大使館4階のスタジオで、日本在住Dr.アヌパマとヘーマント・シャルマ先生

image6

インド政府AYUSH省 代表 ラジェーシュ・コテーシャ博士と ハリ・シャンカラ・シャルマ先生

その他に日本を代表される先生方が発表登壇され歴史に残る日になった事は間違いありません。
日本アーユルヴェーダスクールのクリシュナ先生
サドヴィックアーユルヴェーダスクールの佐藤真紀子先生
日本アーユルヴェーダ学会理事の木村 宏輝先生
ヨーガ療法の木村慧心先生
こうして日印政府から公式に貴重な先生方によるセレモニーとセミナーに私の様なアーユルヴェーダとヨガを学ぶ端くれ者に門を開けてくださったグルジ、諸先輩方に深く感謝いたします。

今年2018年は日本でアーユルヴェーダをプロモートをスタートされたAYUSH省記念すべき年となりました。インド政府AYUSH省は学術研究する学生を奨学金制度で募集しています。

これから先次世代の若い方たちにも継げるよう微力ながら貢献できるよう学び続けてまいります。

最後になりますが、光栄ながら佐藤真紀子先生より仰せつかり セレモニー開始前からアーユルヴェーダ神ダヌワンタリ様の 装飾花を花輪(ガーランド)の準備にお供えさせていただきました。

image5

早朝にサウチャに プージャしてガーランド作りは身が引き締まる想いでした。
image2

今年は来月8月渡印しアーユルヴェーダ病院に行って参ります。
またみなさんとシェアできることを楽しみにしています。

全ての生きとし生けるものの命が輝き幸せでありますように。。
ナマスカーラ
金澤誓子

www.shizenyoga.com