瞑想を楽しむ

English posting follows Japanese below.

ジョンです。

東京では緊急宣言が解除され、「普通」に戻ろうとしています。街や公園では家族やカップルが溢れるようになり、久しぶりに子供の喜びの声を屋外で聞くようになりました。長い間閉じこもり、考えることが沢山ありました。瞑想する私たちにとっては、静かに部屋で時間を過ごすことが願ってもないチャンスです。しかし経済的な問題、人に会わない毎日で寂しい思いをする人たちを考えますと、とても気になります。

マインドフルネスは「今を生きる」ことです。将来はどうなる、過去はあれでよかったかと心配するより、今ここ、この手足、この呼吸、この味わいに意識をしっかり根付けながらこそ、前向きに様々のチャレンジに立ち向かうことができるわけです。試練など難しいことを乗り越えようとする時に、今まで積んできたプラクティスの成果を把握できます。この時に、慈愛=自愛の心が大切です。「もっと努力すればこんなに悩まないのに」などと、自分を責めることは逆効果です。瞑想やヨガにエネルギーや関心を注いできた自分を愛しく見守り、前例のないこの状況の中でも前より少しでも落ち着きと喜びを持ちながら対応できているじゃないかと、自分を褒めるべきです。これは、将来に向かうための大きな力になります。

パンデミックの影響が続く非常事態の中で、毎日頑張っているみなさんを見ていますと、とても深い感謝と感動を覚えます。またご多忙の中ですが、オンラインでも一緒に瞑想できれば、とても嬉しく思います。

Keep well! Keep safe!

*ジョン先生の6月オンラインクラス
瞑想を楽しむ 全レベル 毎週日曜日 17:00-

ご予約はこちらから
SHIZENオンラインクラスの参加方法はこちらをご覧ください

IMG_5301

The emergency declaration has been lifted, and things are gradually returning to “normal.” The streets and parks are overflowing with families and couples, and the laughter of children can be heard from outside again at long last. This lengthy period of self-quarantine has given us a lot to think about.
For those of us who love meditation, spending quiet time alone in a room is a gift. At the same time, economic concerns and the loneliness of self-isolation can take its toll.
Mindfulness is all about living in the moment. Setting aside worries about the future and regrets about the past, we plant our awareness firmly in the present experience of this place and time: these hands and feet, this breath, this tasting of our experience and our world – in the moment. It is from here that we can boldly venture forth to tackle the many challenges we face.
Seeking to overcome hurdles or difficult times gives us a unique opportunity to assess the fruits of our spiritual practice. It’s vital here to come at this in a spirit of tender loving care. “If I had practiced harder, I wouldn’t be upset now!” – this kind of thinking is counterproductive to our purpose. We ought to pat ourselves on the back, holding space for ourselves in love as we appreciate the heartfelt energy and interest we have poured into yoga and meditation. This supportive attitude can be a powerful ally in facing whatever the future will bring.
As the impact of the ongoing pandemic continues to ripple through our lives, I feel a deep sense of gratitude and appreciation seeing us doing our best to make something good out of all this. It is always my joy and honor to share cushion time with you, whether online or, hopefully before long, in person once again.

Keep well! Keep safe! xo John

“Enjoy Meditation with John” June Online Class Schedule
SUNDAY 17:00-18:30

Click here for booking
(Select English from top right button of page if needed.)

shizenyoga.com

ヨガと感情の安定

ケイコです。

少し前、中国でコロナウイルスの影響で、ヨガマットを購入する方が増えた、というニュースを聞きました。ヨガはお家でできるし、心が不安になりやすい、ストレスがかかる時、最高にいいからです。体を動かすのはとっても大切!

ヨガをすると、気分が軽くなり、前向きになるように感じることはありませんか。私は、ほぼいつもです。なんだかいらいらしたり、不安があったり、緊張感がある時に、呼吸にあわせてヨガをすると心が落ち着くものです。あのすっきり感は、本当にありがたいですね。

IMG_4955

ヨガを学ぶ時、簡単なポーズから始まって、段階を踏んで徐々に難しいポーズに挑戦していきます。「難しい」ポーズには、普段、自分がしない、苦手とする動きが含まれています。つまり、自分にとって、もしくは筋肉にとって、「新しい」動きが必ず含まれているのです。今までやったことのないポーズや動きにチャレンジするときは、体はすんなりと動きません。伸びないところがあったり、力が入らないところがあったり、逆に伸びすぎたり、力を入れすぎたり。マインドもこれは苦手なポーズだ、やりたくない!と騒がしくなるでしょう。

新しいポーズに挑戦するということは、体にとって必ずしも快適ではない状態をどう快適にするかということにチョレンジし、体とマインドが対処の仕方を探るために働くということでもあります。ヨガでは、常々ポーズを使って、体と心にとって新しいことに挑戦し続け、対処方法を探っています。だから、普段の生活でも突発的に何かが起きた時、それに対処する習慣がついているため、感情をコントロールしやすく、メンタルが安定しやすくなるのではないでしょうか。

前回ご紹介したお手紙でも、生徒さんが「そして今も大嫌いで、これが無くなっちゃえばいい!とまで思い続けている(今まで放置して来た)苦手アサナを毎日1回は試し、出来なくてもまぁいいかと自分を笑っています。」とおっしゃっていましたが、まさしくそれが大切なんですね。

みなさんも、クラスでやったけど、ちょっと苦手だったポーズをお家でチョレンジしてみてはいかがでしょうか。同じポーズをいろいろな工夫して行ってみたり、また前後のポーズのシークエンスも自分で考えてみるのも面白いですよ。

SHIZENヨガスタジオでは、セルフプラクティスに関するクラスを積極的に取り入れてますので、スタジオ再開後には、ぜひいらしてくださいね。

ドミニカ先生 特別クラス「ホームプラクティスを始めよう」
ケイコ シリーズクラス「セルフプラクティスを確立する」(5月より新シリーズ開催予定)

shizenyoga.com

対談ジョン先生&ドミニカ先生「瞑想について」

English follows Japanese.

ケイコです。

「瞑想」について、ドミニカ芹が野先生とジョン・モンロー先生に対談していただきました。

C3D3587F-AE70-4A7F-90AA-1552C24EF066

ドミニカ先生:
ジョン先生は長年瞑想を実践されているとお聞きしています。ジョン先生の瞑想の経歴を簡潔に教えていただけますか。

ジョン先生:
1977年に定評のあるマントラベースの瞑想の実践を始め、1981年にスリランカへ旅行して以来、東南アジアとチベットの伝統的な瞑想を中心とした、幅広いアプローチで熱心にトレーニングに取り組みました。私はリトリートで数年間に及ぶ集中したプラクティスを行い、その後も現在に至るまで、リトリートや、毎日の瞑想を実践し続けて来ました。

ドミニカ先生:
おお、それは40年もの瞑想の経験がある、ということですね!
パタンジャリは、ディヤーナまたは「瞑想」を八支則の7番目に掲げています。「瞑想」にはいろいろな考え方やスタイル、アプローチがあります。多くの人が「瞑想」と聞くと、安らかな顔をして座っている人のイメージが頭にポッと思い浮かぶと思いますが、本当の瞑想とは何なのかは、未だ知られていません。ジョン先生は、瞑想とはどのようなものだとお考えですか。

ジョン先生:
私にとって、瞑想とは内側からの癒しから始まるものです。心を自由にする旅です。広々とした心境を背景により安定して敏捷な注目を通じて、生命を直接実感できる能力を取り戻すことが目的です。さらに重要なのは、瞑想をより身近で、癒しと原動力の源として毎日楽しめることです。

ドミニカ先生:
つまり、瞑想とは単に目を閉じて、頑張って静かになろうとし、真面目に「内なる平和」を見つけようとすることだけではないと。

ジョン先生:
いい瞑想とは、まるで自分の家に帰るように自分自身に戻る感じがします。それはその経験の瞬間瞬間に満足と意味を見出すことが含まれます。もちろん、日頃の努力や計画を通じて有意義な人生の展開へと人生を送りながらもーーただ座るだけが瞑想ではありません!(笑)

ドミニカ先生:
私たちの多くにとって、日常生活が非常に忙しく、瞑想に時間をかけることができない方が多いように見受けられます。

ジョン先生:
日々の生活のなかで細々とした雑務に追われ、心の平和が侵食された時、私たちはしばしば見通しを誤ります。やらなくてはいけないことがありすぎるのです。内なる力を満たす時間をいつみつければいいのでしょうか。そういう時にこそ瞑想なのです。

ドミニカ先生:
瞑想にはどんな効果があるのでしょうか。瞑想をする魅力とは何でしょうか。

ジョン先生:
毎日の健全な瞑想の練習を徐々に確立させることによって、時間とエネルギーが減るのではなく、ますます増えることに気がつくことでしょう。様々のプライオリティが次第に明快になり、自らや周りの愛する人々を支え、より充実した喜びを与えてくれるアクテビティなどを優先することにエネルギーを注ぐようになります。
個々の目的や願望によって変わってきますが、瞑想の実践者は、さらなる悦びと穏やかさ、調和と内なる癒しという貴重な経験、ものごとの本質を見抜く力など、ありとあらゆるレベルでの恩恵を受けるようになります。

ドミニカ先生:
それは、より意識的な生き方をするのにたいへん役立つことのように思えます。では、どのように瞑想の「練習」を始めればいいのでしょうか。

ジョン先生:
まずは、呼吸や体の感覚に意識を向ける練習、ヴィジュアライゼーション(観想法)、マントラの練習、動きなど実践的なエクササイズから始めることによって、瞑想はこれらが生み出す深い静けさと明確さを体験そのものを知ることへと導いていきます。

ドミニカ先生:
私たちはそれぞれ違った個性があり、学び方も人それぞれです。そのため、ヨガでは自分にあった練習方法を探求することができるようにさまざまなヨガのスタイルがあります。ジョン先生がなさっている瞑想のクラスでも、同様のアプローチを取られているということでしょうか。

ジョン先生:
その通りです。私は、個人的にいろいろな練習方法でトレーニングしてきました。私の先生方は、質を高めるためには一つのテクニックしか必要ないかもしれないが、いい先生は、あらゆるタイプの生徒さんの個々の要望や抱負に応じてそれに適したさまざまな瞑想の実践方法を知っておくべきであることを強調されていました。例えば、分析型の性質の人は、感覚的にものごとを捉える人とは、全く違うタイプの瞑想方法が役立つでしょう。私たちはいろいろな傾向の混合型なので、一般的にはさまざまな道具一式が手助けとなるのです。

<続く>

ジョン先生の特別クラス「瞑想への入り口」(12月1日(金)17:00-18:30) および瞑想シリーズクラス「喜びへのステップ」へのご参加もお待ちしています。詳細は、特別クラス、またシリーズクラスのページからどうぞ。

This is a dialogue initiated by Dominica Serigano with John Munroe about meditation.

Read More

ドミニカ先生とティーチングスキル開催します!

ケイコです。

IMG_0924-300x300.jpg

3月21日(木・祝)ドミニカ先生とケイコで、ティーチングスキル1日集中講座を開催します。今回のテーマはいかに「初心者及び全レベルクラスをどのように教えるか」です。多くのスタジオでは、レベル分けされず、「全レベル」のクラスが多いように思います。それぞれのスタイルの名前がついているクラスも、いろいろなレベルの生徒さんが参加されます。その時にどうやって教えたら、効果的でしょうか。

多くの生徒さんの「はじめてのヨガ経験」になるクラスをいかに教えたらいいか、共に学んでいきましょう。

ドミニカ先生からのメッセージです。

私は、ヨガを20年以上も教えていますが、もっと分かりやすいインストラクションをすること、生徒さんが課題を乗り超えるお手伝いをすること、ヨガを通じて、インスピレーションを見つけ、自分に自信をもつ手助けをしたいという気持ちは、いっこうに衰えません。その欲求がもっと学びたいという思いにつながり、新しい情報にも心を開き続け、新しい発見も取り入れていこうという態度につながります。この精神はケイコ先生と私のなかで、私たちの先生によって育み続けられたもので、私たちもまたその精神を育むお手伝いをできたら、と思っています。

I have been teaching for 20 years now and the desire to give clear instruction, assist students to overcome challenges and to help others find inspiration and empowerment through yoga never diminishes. This desire is what always drives me to study more, remain open to new information and receptive to the discovery of something new to apply. This spirit has been cultivated within Keiko Okuno and I by our teachers, and is the spirit with which we try to cultivate in others who study with us.

ご参加お待ちしています!

www.shizenyoga.com

ヒデコ先生メッセージ

ケイコです。

ヒデコ先生からメッセージをいただきました。

ヒデコ先生、長年、心を込めて、SHIZENヨガスタジオで教えていただき、本当にありがとうございました!!

以下、メッセージです。

6b5103c5-262c-45ba-ac45-ad1f3a451e22

この度は、2018年12月をもちまして、シゼンヨガを卒業することになりました。

思えば2007年からのお付き合いで、いつのまにか、多くの時間が経っていました。

私が担当させていただいてた産後ヨガクラスは、まだ小さな子供とお母さんが一緒にヨガを通して過ごせるクラス。

この時期には、心もカラダもひとりの女性から母親にシフトして、理想と現実の認識がカオスになってしまう、人生の中でも大きな転換期。

自分の事だけでなく、子供との事、パートナーとの事、その周りの家族、人との繋がりを新たに構築して家族を造っていくプロセスの中で、ストレスと葛藤に満ちた時、マタニティや産後のYOGAは、私自身が受けた時、大きな救いになり、それを仕事を通して皆さまと共有出来たことはこの上ない感謝です。

2年前から、主人とレストランを立ち上げ、クラスを続けていくのに今はバランスを欠いています。ここは、すてきな先生方にバトンタッチして、新たな道を歩いていくことにいたしました。

いつ、なにをしようとも、どこにいても、私たちの周りはYOGAで繋がってるのだと思います。

シゼンヨガスタジオはいつもメンテナンスが整っていて、気持ちの良い環境の中で、愛溢れたインストラクターのみなさまと、意識高い生徒さんの集まる素敵な場所に、SHIZENファミリーで入れたことは、後にも先にも私の誇りです。

皆様には、愛と感謝をこめて、これをご挨拶とさせていただきたいとおもいます。
本当にありがとうございました。

ヒデコ

ーーーーーーーーーーーーーーー

ヒデコ先生のレストランは阿佐ヶ谷にある百瀬食堂です。食材を活かした美味しさで何度でも足を運びたくなります。デザートも絶品ですので、ご注文お忘れなく!

百瀬食堂

shizenyoga.com

New Year 2019 Inspire your practice

English follows Japanese.

ドミニカです。

低いところを狙って当てるより、高いところを狙って外す方がいい。~レス・ブラウン

練習は、長期に渡って休みなく一生懸命に取り組むことで、しっかりと確立される。
パタンジャリのヨーガ・スートラ1章14節 ―エドウィン・ブライアント

ヨガは、本来数ヶ月や数年ではなく、生涯行うべきものです。ヨガを実践する上での難しさは、関節や筋肉の硬さではなく、定期的に練習する習慣を作り上げて、長期間維持することです。始めのやる気はそのうち萎えていきます。炎と同じ様に、消えてしまわないよう気をつけて、燃やし続ける必要があるのです。時には炎の燃え方が一定になって変化がなくなることもあります。絶えず新たな火種を追加して、消えそうな燃えさしを焚きつけ、練習の炎を絶やさないようにしなくてはなりません。今こそ、高みを目指して大きな夢を描き、やる気の炎を奮いたたせて、思いきり自分に挑戦してみるのに良い時です。今後いろんな間違いを犯して何かを学んだり、思いがけない出来事に直面して驚いたりすることもあるでしょう。それを楽しみにしつつ、さらに練習に励んで前に進んでいきましょう。

このスライドショーの写真は、2018年SHIZEN ヨガスタジオで毎週行われた練習で撮られたものです。このインストラクターの練習時間は私たちにとって、互いにシェアし、学び、教え、触発しあえる、とても貴重な時間です。そして、しばしば、自身のティーチングの源ともなり、SHIZEN ヨガスタジオの精神がそこに宿っているのです。

本年度もよろしくお願いします。

This slideshow requires JavaScript.

It is better to aim high and miss, than to aim low and hit.- Les Brown

Practice becomes firmly established when it has been cultivated uninterruptedly and with devotion over a prolonged period of time.
Yoga Sutras of Patanjali 1.14- Edwin Bryant

Yoga is not something intended for a few months, or years but for a lifetime. The challenge in yoga is not stiff joints or tight muscles but to establish a regular practice and then to sustain it over the long term. The enthusiasm we begin with soon wanes. Like a fire it must be tended to and fed to keep from burning out. Sometimes the fire burns even and steady. More frequently we need to add new kindle, to stoke the dying embers to keep the fire of our practice going. Now is the time to feed the fire of our enthusiasm by reaching high, thinking big and envisioning a dream to really challenge ourselves. Lets look forward to the mistakes we will make and learn from, and to the unexpected surprises we will encounter along the way to further cultivate our practice and propel it forward into the new year ahead.

The slide show photos are taken from some of the SHIZEN instructors weekly practices over the year 2018. Our instructors practice time is a precious time for us to share, learn, teach and  inspire each other. It is often the source of our teaching and the spirit of yoga found at SHIZEN Yoga Studio.

From all of us at SHIZEN, we wish you an inspirational new year!

shizenyoga.com

Yogic living: Digital fasting.

English follows Japanese.

ドミニカです。

デジタルファスティングは、マインドにとってのサウチャ、つまりきれいにすることクレンジングで、現代に生きるヨガの実践者にとってはたいへん有益です。デジタルファスティング(訳注:ファスティングとは断食のこと)とは、1週間に1回電気機器から離れたオフの時間をとることです。それは、つまり丸一日中、携帯をチェックしない、テレビを見ない、コンピュータを使わないことです。デジタルファスティングをすることによって、広告やソーシャルメディアを通じて伝達される宣伝やメールによってもたらされる、ほかの人の課題から私たちのマインドと気持ちを切り離すことが出来ます。そうすることによって、内側に目を向け、自分たちの課題に取り組み、外部から影響を受けることなく、自分たちの思考や感情に注意深くいることを可能にします。私たちは、他に気をとられることなく、家族や友人と過ごす時間を優先し、物理的環境においてインタラクティブで創造的でいることができるのです。デジタルファスティングによって、私たちはマインドをリセットし、私たちがデジタルな世界に戻った時によりバランスの取れた展望を持ち、本物の世界とより深い関係を保つ手助けとなるのです。

年末年始、是非、デジタルファスティングに挑戦してみてくださいね。

48420541_1952221894893432_7137037792458047488_n

Digital fasting is saucha or cleaning/cleansing for the mind and is a beneficial practice for the modern day yogi. A digital fast is taking time off from electronic devices once a week. It means not checking your phone, watching t.v., or opening your computer for one whole day. A digital fast unplugs our mind and hearts away from the constant stream of commercials, emails and the agendas of others that engage us through advertising and social media. It enables us to turn inward and consider our own personal agenda and to be attentive to our thoughts and feelings without outside influences.   We can prioritize time spent with family and friends without distraction and become more interactive and creative with our physical environment. A digital fast resets our mind for a more balanced perspective when we return to the digital world and helps us maintain a deeper relationship with the real world around us.  I hope you will try a digital fast this new year holiday!

Dominica

www.shizenyoga.com