ジョン・モンロー先生 瞑想短期シリーズクラス

ジョンです。

9/30の瞑想特別クラスが台風の影響でキャンセルとなり、今週末に延期となりました。是非お待ちしております!

暝想入門  10/7(日)17時より

名称未設定-1.fw.png

そして、11月からの短期シリーズクラスのお申し込みも始まりました。都会の生活は刺激もストレスも多く、忙しい毎日の中で「本来の自分らしさ」を見失うことがあります。瞑想の力で、どの状況でも爽やかな喜びを味わうことができます。各種の瞑想スキルを体得するには、続けることが大切です。 毎日の瞑想はまだ難しい場合は、グループで瞑想していると相乗効果で実感がわきやすいです。又、様々の瞑想スタイルを私が誘導しますので、皆様で楽しむことができます。段々と人と一緒に瞑想している経験を重ねると、自分のプラクティスも少しずつ徹底できるようになり、日頃の生活の中でも大きな力になってくれます。

クラス内容はメンバーのレベルや興味に合わせて展開していきます。瞑想の楽しさと実用性をポイントにします。 私も10月にカナダで瞑想の集中講座に行ってきます。11月、12月のショートコースを通じて、新たな瞑想のアプローチをSHIZENヨガスタジオの皆様にお伝えできれば嬉しいです。広い心と様々のテクニックを合わせることで、新しい発見をしながらご一緒に実践してみませんか?

 

42885077_519628835173205_640498139161165824_n.jpg

慈愛の瞑想  11/2,16 12/7, 21 (金)19:30-21:00  全レベル (全4回)
瞑想の入り口 11/4,18 12/2,16 (日)17:00-18:30   入門  (全4回)

詳細はこちらから。

www.shizenyoga.com

ミキ先生 9月3日(月)骨盤底スペシャルクラス

ミキです。

IMG_1652

9月3日(月)15:00-16:30に健やかな女性のためのヨガ「Happyな骨盤底」の特別クラスを行います。

よく耳にするようになった骨盤底筋。体の一部分でありながらその働きや感覚を感じることは女性にとって大きな助けになります。

何となく感じる重さ、だるさなど、また月経にまつわる不調、尿もれ等々、女性の体の悩みは骨盤や骨盤底を起因と考えられるものも少なくありません。

また、骨盤底筋と聞くと、緩まないために強く締めなければ…と思うかもしれません。クラスでは、意識を今の自分の体と呼吸につなげてヨーガアサナなどを通し骨盤底筋が正しく働けるよう学んでいきます。今までひかりを当ててこなかった部分でもあるので、すぐに分からないかもしれません。アサナを繰り返し練習するのと同じように、様々な方向からアプローチし、自分の体への理解を深めていきませんか?

それぞれの人生のステージにおいて女性が健やかに自分らしく過ごせていくのにおススメの内容です。皆さまのご参加お待ちしています!

女性限定 全レベル
料金:3000円またはチケット利用可
予約不要・先着順

クラスの詳細は下記からご覧下さい。

www.shizenyoga.com

チカ先生のアーユルヴェーダ道中

チカです。

こちらインド。

ひとり乗り込んだインドでしたが、今年はあいにくのKeralaの洪水でKerala入りできませんでした。Delhi経由で入国して超ラッキーです。素晴らしいブレッシングにより、私はKerala出身のAyurveda doctorを訪問しています。そしてdoctorとさまざまなKeralaの状況やAyurvedaと日本の関係もお話いただきました。

実は、私今年春のベトナムで足首をひねり骨折をしていました。今回はそのトリートメント含めて良い経験をしています。

朝、自然に目が覚めて、清めて、祈り、
呼吸を深く何度もして(プラーナーヤーマ)
消化できる分だけ知性を使って食事を摂り、慌てず、余計な心配せず身を任せ、
常にネタを考え?お笑い(根が関西やからね)を忘れず、仕事は集中して、人や動物や地球に優しく発する言葉を素敵にして、早く寝む。

これがヨーガとアーユルヴェーダのエッセンス。

どこにいても変わりません。
でも毎日は変わります。
可笑しいですね。笑

今夜はステイ先のマザー(madam)にベジタリアン鮨を教える先生になります!

ではまた
ナマステ!
Jai Yoga! Jai Ayurveda!

インド道中
@チカ
金澤誓子

www.shizenyoga.com

サチコ先生ありがとうございました!

長年、SHIZENヨガスタジオを支えてくださったサチコ先生のクラスが8月でもって、終了することになりました。

生徒さんからも講師からも信頼の厚い先生ですので、寂しくなりますね。11年間、本当にありがとうございます!

サチコ先生がメッセージをくださいました。

IMG_1547

サチコです。

私は8月一杯でSHIZENヨガスタジオでのクラスを終了させて頂く事になりました。出たり入ったり出たりと落ち着かず申し訳ありません。複数の理由があるのですが、英国帰国後、1年間頑張ってみて、私にとっては遠距離から通うことが、かなり負担になりました。

還暦を目前に「無理をしない」を自分に言い聞かせての決断です。

長い長いお付き合いで良い思い出ばかりが走馬燈のように脳裏を巡ります。クラスに来て下さる熱心な生徒さん方、ドミニカ先生はもちろんですが、歴代のシゼンの先生方との交流や勉強会、裏方スタッフの方々のきめ細かいサポートなど、いろいろと支えて頂きながらの約11年間(在籍)でした。

「シゼン」はこれからも皆さんの熱意と愛情に後押しされてドンドン発展して行きます。楽しみです!私もできるだけ今後もドミニカ先生のクラスやWSに参加したいと思っていますので、見かけたら声を掛けて頂けるとうれしいです。そして皆さんがそれぞれご自分に合ったヨガライフを継続されますよう、心から応援しています。

まずは、一区切りのご挨拶まで。長い間、クラスにご参加して頂き、本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サチコ先生の最終クラスは8月29日(水)です。ぜひ、皆様、お越しください。

9月からは水曜日13:00-14:30 のクラスはマリ先生が担当されますので、引き続きよろしくお願いします。

www.shizenyoga.com

タマミ先生ライブラリーヨガ

皆さまこんにちは、タマミです。

毎日暑いですが、お元気にお過ごしでしょうか?

今回は先日“ライブラリーヨガ”という企画に講師としてお招き頂いた時のご報告をさせていただきます。大学の図書館で学生や職員の方々を対象に、書架や閲覧のための椅子や机を使用して勉強や仕事の合間のリフレッシュをしよう、というイベントです。

9BD035B0-C8A9-4971-BE8D-C41093411F38

本来は静かで、運動とは無縁と思われる図書館で行われるヨガは、その意外性もあって、参加者が集まりました。

体育の授業で使用するヨガマットもご用意頂き、道具は椅子と机、それから壁に見立てて書架を利用してのヨガをご紹介しました。

暑いから冷房を使用するという日々が続いて体が冷えていたり、勉強や仕事で硬くなった体には心地よい「イタギモ」の時間を過ごして頂けたようです。レッスン中には予想よりも硬い自分の体を感じて「イテテ!」という声が聞こえると笑いが起きたり、激しい動きではないのに体が温まって汗が出たりする事に驚いたりしながら最後にはシャバアサナで寝てしまう方も出たりしました。

545B4145-785A-4862-A175-026704C8BBE0

レッスン後には図書館らしくおススメの本をご紹介しながらヨガの心とカラダの繋がりについてお話をして終わりにしました。

E077D931-44BD-4F2F-B68D-37CE656C81CA

レッスンの始めに「いつでも途中で抜けられるように」と途中退場を宣言していた方も結局最後までご参加下さったり、私にとっても初めての試みで、どうなることやら…という思いもありましたが、終わってみたら予想以上に楽しいレッスンとなりました。それは後日送っていただいた写真を見たら明らかでした。

さて、そんな私のSHIZENでのオープンクラスは
月曜日17:30〜19:00
土曜日15:00〜16:30 です。

シリーズクラスは
水曜日19:30〜21:00

いずれも、ベーシック1クラスです。

7月30日より、9月から12月のシリーズクラスのお申し込みが始まりました!
お申込みを心よりお待ちしております。

www.shizenyoga.com

6月後半バックアップ体制万全です!

マリです。

IMG_1902

6月後半、SHIZENの先生方が数名、イタリアへヨガの研修に行かれます。

いつも、たゆまぬ努力で勉強を重ねている先生方ですが、こうしてまたさらに知識を深め、クラスで教えていただけることを思うと、留守番隊の私にとっても、とてもワクワクしています。

しかし!
ただただ首を長くして先生方のお帰りを待っているだけ、なんてことはありません。その期間、多くのクラスは通常通り、代行の先生方によって開催されます。私もいくつかのクラスを担当させていただきます。

詳細はこちら、またはスケジュールページをご覧ください。

以前、ケイコ先生がアメリカに勉強に行かれた時、いつもクラスに参加されている方が、
「先生が不在の間に、苦手なアーサナを克服できるように頑張りたい」
と話してくださいました。

とても素敵な目標だと思いました。
苦手だと思っていたアーサナがちょっと好きになったり、面白いと思えるようになったり、やり甲斐を感じられたり、心地よさが見出せたりするだけでも、すでに苦手意識を克服できたことになります。普段と違うシチュエーションだからこそ気づくこともあるかもしれないです。

そして少しでもそんなお手伝いができたらと思っています。

皆さん、是非クラスにお越しくださいね!

www.shizenyoga.com

2018年ロサンゼルス滞在記2

ケイコです。

IMG_0343

ロサンゼルスから戻って来ました。SHIZENヨガスタジオでは、日曜日からティーチングを再開します。

今回の滞在では、ロサンゼルスは気温が低く、雨も降り続けたので、東京の暖かさと桜が咲いていたのが、とても嬉しかったです。

ティーチングスキルは1日2時間から4時間くらい。今回はほとんどの人が指導経験者でしたが、数人、仕事を定年退職したので、今後ヨガを教えたいと参加された方もいらっしゃいました。参加者は、LA在住の人が多かったですが、他の州からも結構いらしていました。海外からが私を含めて3人。去年台湾でマーラ先生のワークショップを受けた時に参加していた生徒さんとも再会です。半数以上がかつてのマーラ先生のワークショップやリトリートで会ったことのある方でした。

まずは、観察することを学んでいきます。そこから、言葉でのアジャスト、プロップスによるアジャスト、ハンズオンアジャストとSHIZENヨガのティーチングスキルで行なわれるのとほぼ同じ流れでした。ティーチング初心者の生徒さんもいらしたため、どこをどう観察すればいいのか、細かくご指導いただきました。

かつて、私のティーチングスキルに参加された生徒さんに、私のティーチングの意図や考え、配慮が分かって面白い、と言われたことがあります。今回、まさしくマーラ先生がティーチングしている時に考えていることを解説していただきました。「そこまで観察しているのか」「そこまで考えてやっているのか、そこまで意図してるのか」と感心することばかり。先生の妥協なきティーチングをまざまざと見せられた気がしました。

今回印象に残ったことは、「ヨガの先生になると、自分の練習でさえ、一部は生徒さんのものになる」という言葉でした。100パーセント自分のための練習にすることは難しいと。それは日々、私も感じていることです。練習していると、このやり方はうまくいったな、と思ったら、先生としては「気持ちよかった!」で終わらせることは出来ず、それは実際、どうやって起こったのか、自分が何をしたのか、分析して再現出来るようにする必要があります。SHIZENヨガスタジオでも、先生たちで練習していると、「このやり方XXさんにいいかも!」「このプロップスの使い方はXXさんに役立つ!」とみんなでしょっちゅう話し合っています。それが楽しいのです。

飽くなき探究心でもって、自分がヨガで得たことを生徒さんにいかに伝えるかを常に考えている、そんな先生と同士がいるというのは、本当に幸せなことです。

今回、学んだことをみんなにシェアするのが楽しみです。

シリーズクラスのお申し込みも始まっています。SHIZEN ヨガスタジオの熱心な先生たちと共に学びませんか?

www.shizenyoga.com