1日集中講座

ケイコです。

ドミニカ先生との1日集中講座、みんなが実にキラキラ光っていました。「すごくインスピレーションをたくさん受けました!」「テーマが明確に体に染み込んできました」とたくさんの嬉しい感想をいただきました。

今回のワークショプでは、普段のクラスではあまり練習しないポーズを取りあげました。テーマは、Inspire yourself  自身の原動力になる、です。

私は、難しいポーズにチャレンジすると、バガヴァット・ギーター 2-48を思い出します。

「成功と失敗を等しいものと見てあらゆる執着を捨てよ。このような心の平静をヨーガと言うのだ」

ああ、この境地に達する練習を今しているんだな、と。出来る出来ないを超えた只今に没頭する。アーサナはそれを教えてくれる素晴らしい道具だと、本当にありがたく思います。

失敗したくない!という気持ちが強い時の私。脚が肩の近くに引っかからず、ずりずりっと降り、尻餅ついて、少しいじけてます(笑)

詳細なインストラクションもまた、マインドを集中させる役に立ちます。

ああ、楽しかった!皆さま、本当にご参加ありがとうございます。

shizenyoga.com

ドミニカ先生とティーチングスキル開催します!

ケイコです。

IMG_0924-300x300.jpg

3月21日(木・祝)ドミニカ先生とケイコで、ティーチングスキル1日集中講座を開催します。今回のテーマはいかに「初心者及び全レベルクラスをどのように教えるか」です。多くのスタジオでは、レベル分けされず、「全レベル」のクラスが多いように思います。それぞれのスタイルの名前がついているクラスも、いろいろなレベルの生徒さんが参加されます。その時にどうやって教えたら、効果的でしょうか。

多くの生徒さんの「はじめてのヨガ経験」になるクラスをいかに教えたらいいか、共に学んでいきましょう。

ドミニカ先生からのメッセージです。

私は、ヨガを20年以上も教えていますが、もっと分かりやすいインストラクションをすること、生徒さんが課題を乗り超えるお手伝いをすること、ヨガを通じて、インスピレーションを見つけ、自分に自信をもつ手助けをしたいという気持ちは、いっこうに衰えません。その欲求がもっと学びたいという思いにつながり、新しい情報にも心を開き続け、新しい発見も取り入れていこうという態度につながります。この精神はケイコ先生と私のなかで、私たちの先生によって育み続けられたもので、私たちもまたその精神を育むお手伝いをできたら、と思っています。

I have been teaching for 20 years now and the desire to give clear instruction, assist students to overcome challenges and to help others find inspiration and empowerment through yoga never diminishes. This desire is what always drives me to study more, remain open to new information and receptive to the discovery of something new to apply. This spirit has been cultivated within Keiko Okuno and I by our teachers, and is the spirit with which we try to cultivate in others who study with us.

ご参加お待ちしています!

www.shizenyoga.com

2月11日(月祝)ナオ先生特別クラス

ケイコです。

2月11日(月祝)18:00-20:00 ナオ先生特別クラス Secret of OM 音の秘密を探れ!

img_6682-1-300x300

ナオ先生の特別クラスのご予約は、1月11日(金)朝8:00- です。予約の方法は、こちらからどうぞ。ナオ先生の特別クラスはいつもすぐに予約が埋まります。参加ご希望の方、なるべくお早めに予約されることをお勧めします。

このクラスはシリーズクラス、ヨガビヨンドアサナで大好評だったナオ先生のマントラレクチャーの内容が特別クラスとなったものです。このクラスの次の日、私のクラスに来てくださった生徒さんが口々に「先生!ナオ先生のマントラ素晴らしかった。」「クラス、楽しかった!」「自分の音にこんなに力があったなんて!」と感想を述べていらっしゃいました。生徒さん同士でも「いかによかったか」を熱心に話し合っていらっしゃいました。Tさんが寄稿してくださいました。いつもありがとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ナオ先生の心地よいマントラを聴いたあとにマントラとは?の興味深いお話。そして、聖音オーム omを唱えることへの挑戦。古典にはルールが付き物!  発音、音の長さ、間合いなどにルールがあって、ただ字面で声を出すだけではないことを知り驚きました。そして祈りも込める。マントラはその波動が働きかけるのでこれらはとても大切なこと。皆で唱えたり、ペアでチェックしあったり、omって難しい‼︎  あっという間の2時間でした。マントラのほんの入り口に立った2時間、その奥深さをほんの少し垣間見ることが出来ました。

ナオ先生、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Facebookには年末載せたのですが、ナオ先生が大掃除の後、マントラをチャンティングしてくださいました。その時の様子をビデオに撮りました。私もただ先生の音を感じたくて、ビデオを置いているため、途中から音声だけになっています。改めて、音の力を感じます。

シュラッダーマントラ。

shizenyoga.com

ナオ先生シリーズクラス

ケイコです。

現在、ナオ先生の下記の講座の受付をしています。詳細お申し込みは、リンク先から。

2019年1月13日(日)13:00-14:30 特別クラス、「聴く瞑想ー魂の栄養の時間」メールによる予約受付中
シリーズクラス マントラベーシック
– シリーズクラス マントラチャンティング

ナオ先生と受講していただいた方からのメッセージです。

E52C42E8-FC99-4D26-BDBD-A2D58AD85460

ナオです。

ガーヤトリーの意味をエネルギーや感覚でとらえてから その意味が指し示す大切な教えを私たちらしいやり方で生きるにはどんなことができるのかをみんなで話し合いました。

マントラを一度学んだからって毎日唱えるようにはならないかもしれない。インド人にはしっくりくる神さまも私たちにはどうしても繋がりにくいかやもしれない。

やらなければ、で唱えていると、祈りにはならない。

エネルギーは通らない。

逆に重荷や足枷になってしまうかもしれない。

私たちが心に描いてまっすぐ求められる対象ってどんなものだろう?

唱える以外にどんな行為が光と繋がることを実感できるんだろう?

今の私たちらしいヨーガってなんだろう?

等身大のまんま どこも無理しないで ヨーガする方法 私たちの内から見つけていこう!

——————————

鈴木伸枝さんから感想をいただきました。

「マントラは、音の振動が、私の無意識の部分を揺らして、浮かび上がらせて認識できるようにさせてくれる。そんな風に感じています。

音を通して自分と繋がる時間。

音を通して「それ」としか言いようのない、大いなる源に意識を向ける時間。

日々の生活の中にその時間を持つことは、静かにジワジワと、だけど大きく根源的な氣づきを与えてくれるように思います。

クラスの中で、「自分が自分の力になること、それがヨガである」というお話がありました。

体にアプローチしたい時にはアーサナを、エネルギーにアプローチしたい時にはプラーナヤーマを、自分でもよくわかっていない根源的なところにアクセスしたい時にはマントラを。そのプロセスを通し、自分が自分の一番の理解者になり、サポート役になるためにヨガがあるんだなと思いました。

なお先生のクラスは、マントラの意味や哲学を、わかりやすい例え話やディスカッションを通して、自分の生活に繋げて、その中で使える道具として、渡して下さいます。そのおかげで、頂いた智慧を腐らせることなく、楽しく実践を続けることが出来ています。ありがとうございます。

—————————

www.shizenyoga.com

先人の知恵

ケイコです。

先週行われたドミニカ先生とジョン先生のリトリート。みんな、ゆったりとした1日を過ごされたようです。さっそく、生徒さんが感想を寄稿してくださいました。いつもありがとうございます!

ドミニカ先生もジョン先生も、冬期シリーズクラスでクラスを担当されます。詳細はこちらからどうぞ。

IMG_2257

 

プラナヤーマと瞑想の心地よさが好きで、ドミニカ先生とジョン先生の1日リトリートと聞き、楽しみにしていました。

ドミニカ先生のアサナのクラスで、身体を整えてからのプラナヤーマと瞑想。今まで体験したことのないの心地よさがありました。ヨガって本当に先人の知恵が詰まったものだと改めて体感。

ジョン先生が、愛情深く、自然に身体や心へ意識が向くように話をしてくださるので、時々、心配事、面白かった事など、集中しきれずに出てくるのですが、全部穏やかな温かい気持ちで流していけました。

心地良すぎて、時々睡眠タイムなってしまうのですが、ドミニカ先生から「呼吸法と瞑想の気持ち良さを知ると、眠るのがもったいなくなる」と聞き、これから自分がヨガを通じて体験できることが楽しみになりました。

ドミニカ先生とジョン先生はもちろん、皆さんの気持ちも合わさって空間が作られていく感覚があり、本当にステキな贅沢な1日でした。

A

Yoga Beyond Asana

ケイコです。

今期、新設されたシリーズクラスヨガビヨンドアサナも後半戦に入りました。おかげさまで大好評です。

先日は、ナオ先生のクラスでした。参加された生徒さんはみんな、ナオ先生のチャンティングの力に圧倒されたようです。早速、生徒のMさんが感想を書いてくださいました。

本当にありがとうございます!

D1B27BBD-1F46-4C4F-97BD-6854F22D7641

「Yoga Beyond Asana アサナの先へ」の4回目、なお先生のヨガチャント。
興味はあるけど、マントラやチャンティングの知識もなく、自分には関係ないもの、未知なるものへの若干の警戒心、そんな頼りない状態で参加しました。
それなのに、なお先生のマントラは真っ直ぐに私の中に沁み込んできました。
深い呼吸と身体を動かして聴く準備を整えた後、静かに座って耳を傾けます。
全身が耳になって、声のバイブレーションに包まれるような感覚。悲しいわけでも、嬉しいわけでもないのに、なんと途中で涙が流れてきました。
全身の細胞が喜んでいると感じました。内側の深いところに直接流れ込んできたようでした。理屈抜きに身体が反応したのでしょう。
自分でも変な感想だなとは思いますが、これは経験してみないと分からないことです。

オーム(om)の意味と正しい発音も習い、クラスの前後に今までよりもさらに心を込めてオームを唱えるようになりました。

なお先生は、「新しいこと、初めての先生に接する時は、緊張や警戒心を持つのが普通です」という言葉で、私の気持ちを解いて受け入れ態勢を作ってくださいました。ありがとうございます。もっと声に包まれたいです。

「アサナの先へ」というシリーズクラスは、哲学や解剖学など、より幅広いヨガへの興味を掻き立ててくれる、なんて贅沢なクラスなんでしょう!

M


ヨガビヨンドアサナは1月から始まる冬季シリーズクラスでも開催されます。お楽しみに!

www.shizenyoga.com

逆転のポーズ<基礎編>へのお誘い

こんにちは、タマミです。

あっという間に10月になり、暑かった今年の夏が過去の事に思えるようになりました。

体を動かしやすくなった事でまた新たな挑戦をしてみたくなる時期ではないでしょうか?

そこで、私からは逆立ちへの挑戦を提案致します!

CD6BF986-E7C8-4C11-9AA6-DC9F7C45CB4C

このクラスは逆立ちの経験のない方にも是非ご参加いただきたい内容になっております。

サブタイトルにもありますように、「逆立ちなんて怖くない」と思えるように正しい準備を学び、逆立ちへの苦手意識を取り払うのが目的です。

逆立ちには沢山の効果も期待できます。二足歩行の人間にとって立っている状態は重力に逆らう事でもあります。内臓は下へ下へと下がり、特に腸は動きが悪くなりやすくなります。

逆立ちをすると内臓が元の位置に戻りやすくなり、正しい位置に戻った内臓は働きやすくなるので、基礎代謝アップも期待できます。

また、脳に血液と酸素が行き渡ることで脳が活性化し、自律神経の調整、ホルモン分泌、血行促進が促され、頭痛や疲労回復にも役立ちます。

この様に沢山の効果が期待できる逆立ちですが、なかなか一般のクラスの中では十分な時間が取れない事もあり、特別クラスとして取り組んでみたいと思います。

437B3D21-F36B-4850-B94F-66FF9E113434

クラスは2種類あります。

逆立ちの準備~10月12日、11月9日金曜日19:30~21:00 の2回

ロープウォールでぶら下がってみよう~10月26日金曜日19:30~21:00 の1回

逆立ちした時に足の代わりに土台になる手や腕、肩などのセットの仕方からはじめて、その土台に体重をかけていく「準備」と、SHIZENならではのロープウォールを利用したよりリラックス効果の期待できる「ぶら下がってみよう」の2種類です。

どちらも甲乙つけ難いくらいオススメです。「準備」の方は1回目と2回目までに約1ヶ月間があるので、1回目に出て学んだ事を自己練習して、2回目に再挑戦するという事も可能です。

是非多くの方にご参加いただきたいのですが、注意点があります。

以下の方は残念ですが、ご参加をお控え下さい。

★基準値に調整されていない高血圧~お薬などで平均値に調整されている方は大丈夫です。ご心配な方は主治医の先生にご相談下さい。

★緑内障~眼圧が高く視神経に障害をきたす病気です。

★生理~立ってホールドせず準備だけならご参加いただけます。しかし、準備の段階でも下腹部痛が起きやすい方は参加を控えた方が良いです。「ぶら下がる」は逆さまになりますので、やはり参加は控えた方がよいでしょう。

クラスは予約不要、ドロップインもチケットの利用も可能です。

一緒に挑戦するのを楽しみにお待ちしております。

www.shizenyoga.com