道具を使ったラクダのポーズ

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオの2020年2月のポーズは「らくだのポーズ(ウシュトラーサナ)」でした。

らくだのポーズのチャレンジの一つは、首でしょう。特に肩周りや胸が硬い人にとっては、僧帽筋が上にもちあがり、首ががくっと後ろに落ちるので、呼吸ができなくなるようなそんな感覚になることもあるでしょう。その状態になるとますます胸が開きづらくなり、一刻も早くポーズから出なくては!という気分になります。

44A68972-12C6-449F-A56C-20EECDC27713

そこで、首の下にサポートを使います。こうすることによって、頭が完全にサポートされ、必要以上に首が後ろに引っ張られることがないので、胸を開くためのアクションに意識をじっくりと向けることができます。

今回は椅子の上にボルスターとさらにブランケット、その上に横長にブランケットをもう1枚ロールして、サポートとして使っています。身長や柔軟性によって、どんなサポートを使うかはひとそれぞれで工夫してみてくださいね!

らくだのポーズではいつも首が辛い、という方、どうぞ、このやり方でやってみてくださいね。このポーズを好きになる道の一歩が開けるかもしれません。

shizenyoga.com

道具を使った戦士のポーズ1

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオの2020年1月のポーズは「戦士のポーズ1(ヴィーラバドラーサナ1)」でした。後脚を床に根付かせる力強さと上体と腕を上に引き上げる伸びを同時に味わうことが出来る私の大好きなポーズの一つです。

Vīrabhadrāsana 1の名前の由来はこちらから。

ヴィーラバドラーサナ1をする時に、後ろ足を床に下ろし、脚をまっすぐのまま、前脚を90度まで曲げるのは意外と難しいものです。

CDADA57C-BF2B-47F6-8039-0081BC4433B2

そこで、前足の下にブロックを1つもしくは2つ置いて、ポーズをとってみましょう。2つ重ねるときは、ブロックの間にマットを敷くとずれる心配がなくなります。ブロックは壁際に置き、足をブロックの上におきます。

B33788AC-980B-48BB-8245-8BEF15C451F7

前足が高くなる分、後ろ足を踏ん張りやすくなり、後ろ脚を真っ直ぐに伸ばす感覚が分かりやすくなります。

もう一つのブロックを壁と膝脛の間に置くことで膝の位置を安定させることも出来ます。このブロックは落とすのが心配でしたら、フォームブロックにされてくださいね。

手を前の壁に置き、上体を起こす手助けとします。ポーズが安定したら、腕を上げてみましょう。

————————————-

SHIZENニュースレターでは、「今月のポーズ」に関わるドミニカ先生のすてきなエッセーが掲載されていますので、配信ご希望の方は是非、ご登録くださいね。

shizenyoga.com

柱を使ったパッスチマナマスカラーサナ

ケイコです。

リトリートなどに行くときには、ヨガの道具を宅急便でどんと送ります。日本の宅急便は本当に便利です。ただ、ヴィパリータカラーニボックスやボルスターまでは送らないので、いろいろと工夫することになります。

ドミニカ先生は道具使いの天才です。普段のヨガスタジオとは違う環境に行くと、パパッと柱や座布団などそこにあるものを利用して、使い方を考えつきます。

そこで、本日はドミニカ先生に柱をつかって行うパッスチマナマスカラーサナのやり方を解説していただきました。

shizenyoga.com

道具を使ったヨガ

ケイコです。

今日、ご紹介するのは、セトゥバンダ・サルヴァンガーサナとヴィパリータ・カラーニを混ぜたポーズです。疲れをとるのに、とても効果があるようで、帰宅後このポーズで10分から15分いるとスッキリします。

このヴァリエーションだと、ハムストリングの硬い方もお腹を柔かく保ちやすいので、オススメです。

469B061B-F35A-4F9A-8BC6-BA8CD44C5CBC

クオーターランドブロックを使うとさらに胸が開きます。(胸の裏に置かれているのが、クオーターラウンドブロックです)。

2D3E83CB-F0F3-4631-94BD-D327087E9314

www.shizenyoga.com

椅子を使ったサルヴァンガーサナ

ヒサコです。

夏の疲れも出てきたというお声を聞く今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか?

今日はそんな時にオススメのポーズのひとつ「チェア サルヴァンガアサナ Chair Sarvangasana」をご紹介します。

もともと「サルヴァンガアサナ」はアサナの女王と例えられるほど効能のあるポーズですが、疲れていたりする時は椅子やブランケットなどのサポートの力を借りると、疲労時にも楽に出来き、心地よくリラックスを促すポーズになります。

また、このセッティングは肩や胸を開きたい人の為の良い練習にもなり、バックベント系のポーズの練習後に心地よく腰を伸ばす事ができる上にクールダウンにも最高です。本当に気持ち良いので皆さんも是非トライしてみてください!

以下、セッティングのコツとポーズの入り方のコツです。参考にしてみて下さいね!

1. ブランケットの約半分か、それよりも少し手前に椅子の脚がくるように置く。椅子が高すぎる場合は、椅子の脚の手前にブランケットを半分に折って高さを調整してください。
椅子に跨いで座り、背もたれに脚をかける。脚をかけたらお尻を椅子の奥の方までずらしていくと安定感がでます。

2. 背もたれを掴みながら体を倒していき、随時お尻の位置を座面前部に必要分ずらしながらブランケットに肩を乗せる。

3. 椅子の脚の中に腕を入れ、肩と胸が開くように腕の外側をブランケットの方に巻き込み、手の平で椅子を下から押す。

4. 脚を天井に伸ばす。 リラックスしたい時は椅子にボルスターを乗せて、ボルスターに脚を預けるようにしても良いです。

5. 頭の方向に下がりポーズから降りる。胸をサポートし、肩がブランケットに降りるようにすると胸が開いて気持ちいいです。膝の後ろは椅子の座面に乗るようにすると、下腹部も柔らかくなって深くリラックス出来ます。

ヒサコ先生
木曜日15:00-16:30 マタニティヨガ

www.shizenyoga.com

道具を使ったヨガ プラッサーリタ・パドッタナーサナ

ケイコです。

本日、ご紹介するのは、プラッサーリタ・パドッタナーサナ(Prasarita Padottanasana)の体を半分に起こし、道具でサポートしたバージョンです。

先日の月1回シリーズクラス「セルフプラクティス」のクラスで、生徒さんのお一人がなさってたのを他の生徒さんもやりたーい、とおっしゃっていたので、ご紹介です。

セルフプラクティスのクラスでは、1つのポーズをいろいろな方法で試したりしています。そうすると、他の生徒さんがやっているのを試したくなり、挑戦することにもつながります。それぞれのセルフプラクティスでありながら、刺激しあえ、助け合える素敵な空間ですよ。ご興味ある方は、シリーズクラスのページへどうぞ。

今日は二つの方法のご紹介です。

IMG_1440

IMG_1439

お腹の下に置いたボルスターとおでこの下に置いたボルスターの間に空間があるのがポイント。それで呼吸が楽になります。

ロープはなくてももちろん大丈夫。

ボルスターが低かったら、ブランケットで調整です。

椅子は2つでも可能です。次のは、太ももの裏を壁につけた方法です。

IMG_1432

IMG_1433

IMG_1430

基本的なセッティングはこんな感じ。必要に応じて、ブランケットも足します。

お試しあれ。

www.shizenyoga.com

道具を使ったヨガ

ケイコです。

IMG_0536.JPG

スマホやパソコンなど現代社会では、背中を丸め、首を前に突き出す姿勢が多くなりますね。ヨガは肩をほぐすのにいいポーズがたくさんありますが、今回はベルトを使ったポーズをミキ先生がご紹介してくださいました。

シャッキリとしますよ!

使うものはベルト2本です。

ミキ先生レギュラークラス
土曜日 13:00-14:30 マタニティヨガ

2018年6月25日(月)女性のためのケア1日特別プログラムがあります。

10:00-12:00 ミキ先生「Happyな骨盤底」

ご参加お待ちしています。