ベジタリアンとは?

ケイコです。

4c234625-e1b5-41ee-96cc-e3e8931a7960

マーラ先生のワークショップを受けに台湾に行く時、食べ物がなんでも美味しいので、何を食べようか、毎回ワクワクします。私はベジタリアンではないので、なんでもいただきますが、お昼後もワークショップがある時は、食べるものを選ぶ必要があるのです。ある日、素食と書かれている饅頭屋さんを見つけました。ベジタリアンで、そこのお店の中華饅はお肉お魚を一切使ってないとのことでした。そのお店の野菜のお饅頭だとお腹がもたれず、午後のヨガに全く影響がありませんでした。食べるものを選ぶ必要性を感じた次第です。

(台湾は菜食レストランが多いです。上の写真はある日の夕食。これも全部ベジです。)

ヨガをすると食生活にも変化が現れる方も多いですね。

さて、ベジタリアン(菜食主義)と言っても、いろいろなのをご存知ですか?

一般的にはベジタリアンというと、動物(肉、魚介)は食べないけど、卵、乳製品は食べる。卵の黄身は食べない方もいらっしゃいます。

ヴィーガン。こちらは完全に植物性のもののみで、卵や牛乳も口にしません。蜂蜜も食べないとのことです。また、精製の過程で、動物性のものを使う食材も避ける方が多いです。

フルタリアン。私はお会いしたことはありませんが、果物のみを食べるそうです。さらにその中でも、熟して落ちたもののみを食べる方もいらっしゃると聞きました。

出汁文化の日本では、ベジタリアンを探すのがなかなか難しいです。その時にベジタリアンの方が活用しているのが、Happy Cowというアプリです。日本のレストランもかなり充実しているとのことです。

今月から、ベジタリアンを実践していらっしゃるマリ先生にベジタリアンレシピをご紹介いただきます。SHIZEN のパーティーなどでもマリ先生の手料理を食べて、「なんでこんなに美味しいの?」と驚かれた方も多いと思います。「Mari’s Kitchen」お楽しみに!

shizenyoga.com

ヒサコ先生モビリティヨガ No2, 3

ケイコです。

1a2bbc0d-74cc-4aa0-98be-d5a7158b20eb

facebook に載せているヒサコ先生によるモビリティヨガ。早速試された生徒さんが戸惑い気味におっしゃいます。「先生、毎日、とりあえず実験するつもりでやってたら、体にすごく変化があるんです」「でも、やり始めて1週間も経ってないんですよー」。

そうなんですよ、すごいですよねえ。みなさまも是非是非お試しください。3分以内で簡単に出来るものばかり、ご紹介してくださっています。

今後も続々と公開していきますので、お楽しみに!

ヒサコ先生ティーチングスケジュール

木曜日15:00-16:30(隔週) マタニティヨガ

shizenyoga.com

2月11日(月祝)ナオ先生特別クラス

ケイコです。

2月11日(月祝)18:00-20:00 ナオ先生特別クラス Secret of OM 音の秘密を探れ!

img_6682-1-300x300

ナオ先生の特別クラスのご予約は、1月11日(金)朝8:00- です。予約の方法は、こちらからどうぞ。ナオ先生の特別クラスはいつもすぐに予約が埋まります。参加ご希望の方、なるべくお早めに予約されることをお勧めします。

このクラスはシリーズクラス、ヨガビヨンドアサナで大好評だったナオ先生のマントラレクチャーの内容が特別クラスとなったものです。このクラスの次の日、私のクラスに来てくださった生徒さんが口々に「先生!ナオ先生のマントラ素晴らしかった。」「クラス、楽しかった!」「自分の音にこんなに力があったなんて!」と感想を述べていらっしゃいました。生徒さん同士でも「いかによかったか」を熱心に話し合っていらっしゃいました。Tさんが寄稿してくださいました。いつもありがとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ナオ先生の心地よいマントラを聴いたあとにマントラとは?の興味深いお話。そして、聖音オーム omを唱えることへの挑戦。古典にはルールが付き物!  発音、音の長さ、間合いなどにルールがあって、ただ字面で声を出すだけではないことを知り驚きました。そして祈りも込める。マントラはその波動が働きかけるのでこれらはとても大切なこと。皆で唱えたり、ペアでチェックしあったり、omって難しい‼︎  あっという間の2時間でした。マントラのほんの入り口に立った2時間、その奥深さをほんの少し垣間見ることが出来ました。

ナオ先生、ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Facebookには年末載せたのですが、ナオ先生が大掃除の後、マントラをチャンティングしてくださいました。その時の様子をビデオに撮りました。私もただ先生の音を感じたくて、ビデオを置いているため、途中から音声だけになっています。改めて、音の力を感じます。

シュラッダーマントラ。

shizenyoga.com

シリーズクラス:女性のためのヨガ

ミキです。

5D67E3F5-90A8-42BB-A090-2D5A9524292D

1月から始まるシリーズクラス、「健やかな女性のためのヨガ」を担当します。

土曜日 19:00-21:00
1/12,2/9,3/2,4/13 (全4回)

最近よく耳にするようになった骨盤底筋。体の一部でありながら分かりにくい部分でもあります。こちらのクラスでは骨盤底筋や骨盤周りの構造や働きの説明をします。また、中立な姿勢や呼吸、骨盤底のつながりをアーサナ、エクササイズなど様々な方向から実践していきます。

頻尿、尿もれ、PMS、月経痛、腰痛などの起こりがちな症状の軽減や骨盤周りから女性にとって健やかな心身を保つのに役立つことを考えていきます。寿命も延び生活スタイルや様々な変化から尿もれや月経にまつわる症状も増えているように思います。また、症状がなくても悩みや気になっていること、疑問など大歓迎です。オールレベルで女性なら年代は問いません。

月に1回一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。

シリーズクラスのお申し込みはこちらから。

shizenyoga.com

平成最後の冬期シリーズクラスお申し込み始まってます!

タマミです。

ついに平成最期の師走に突入致しました。

IMG_0192

少しずつ寒さが増し、忙しさと相まって体の硬さを感じている方が多くなりました。
この忙しさを乗り切り、新しい年が来たら私と一緒に体のメンテナンスを始めませんか?

SHIZENヨガには習い事のように曜日と時間、そして先生とクラスメイトが同じシリーズクラスというクラスがあります。

通常のオープンクラスとは異なり、SHIZENのホームページのスケジュールに載っていないクラスです。

私の担当する「水曜日19:30〜21:00ベーシック1基礎と発展」クラスは水曜日のお仕事帰り、週の真ん中に心身ともにリセットする時間を作る習慣を作るのにとても適しています。
ベーシック1ですので、ヨガが初めての方大歓迎です。

何でも同じだと思いますが、基礎というのは一番初めに習う事でありながら、実は一番難しい部分でもあります。

そういった意味で初めての方ばかりではなく、既存の生徒さんにも改めて基礎をしっかりと行う事で更なる発展に繋げる事が出来るクラスでありたいと思っています。

シリーズクラスは期間限定のクラスですので、お申込みの前にクラスを試してみたい方は是非タマミのオープンクラスへご参加下さい。

月曜日17:30〜17:00
土曜日15:00〜16:30

共にベーシック1クラスです。

また、今期のクラスを受講して下さっている方からコメントを頂きましたので、こちらもご参考になさって下さい。

☆Sさんより☆
2018年の春からタマミ先生水曜日シリーズに参加させて戴いています。
基本の動作をガッツリと練習する日が欲しかったので嬉しく参加していますが…いやあ、基本って難しいわ(溜息)。
タダアーサナに始まってタダアーサナに戻る。完璧なタダアーサナは多分理想の中にしか存在しないのだろうけど、少しでもそこに近づき続けられたらいいなと思っています。
難しいけど、タマミ先生のパワフルかつ代償を許さない厳しいご指導!にも拘わらず生徒のモチベーションをポジティブに保つ楽しい楽しいレッスンは参加の甲斐があります。
来期もまた参加させて戴ければ幸いです。またよろしくお願いします。
初心者の方には勿論、すでに他のクラスに参加されている方々にもレベル1への参加はお薦めできますm(_ _)m

☆Yさんより☆
夫婦でお世話になっています!初めはオープンクラスに通っていましたが、基礎からしっかり学びたいと思い、旦那を誘ってシリーズクラスに変更しました。
一つ一つのアサナをしっかり丁寧に教えていただる所が最大の魅力で、自分の体のクセや苦手な部分にも気づきやすくなりました。
いつも明るいタマミ先生はもちろん、長く通っていらっしゃる生徒さん達も素敵な方ばかりで、新参者でも気軽に通えます♪
ヨガのクラスがある日は体が楽になるので、これからも続けていきたいです。

お申込みは12月1日より始まっております。ネットでのお申込みは27日木曜日までとなっておりますので、是非ご検討下さい。

一緒にヨガをする日を楽しみにお待ちしております !

www.shizenyoga.com

 

本ご紹介:向井田みお先生ヨーガスートラ

ケイコです。

今期新設されたヨガビヨンドアーサナクラス。私は2回担当しまして、八支則とヤマニヤマのクラスを受け持ちました。生徒の皆さんがたいへん興味をもってくださって、本当にうれしかったです。冬期シリーズクラスでも引き続き行います。来期は、チカ先生、タマミ先生、ジョン先生も加わります!お申し込み始まっておりますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

ヨガスートラは、数多くの解釈本が出ています。和訳も増えて来て、嬉しいですね。その中には、しっくりくるものも、難解なものもあります。今回のクラスではヨガスートラのさまざまな本の解釈をご紹介していきました。これが面白いのですよ。

IMG_2270

そのなかで、とりわけ、皆さんが新鮮に感じて興味をお持ちになったのが、向井田みお先生の「やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ」YOGA BOOKS です。(写真。付箋貼りっぱなしです。)普通に社会に生きながら、ヨガの道を歩もうという現代に生きる私たちには、とても理解しやすい解釈となっていて、これだったら実践できるかも、と思わせるものが多くあり、共感を呼んだようでした。

amazonでご購入いただけます。

www.shizenyoga.com

 

7月16日(月•祝)ティーチングスキル

ケイコです。

IMG_0913

7月16日(月・祝)にティーチングスキルをこの2人で行います。

SHIZENヨガスタジオのドミニカ先生とケイコ、両方のクラスに出て下さっている生徒さんが多いのですが、その皆さんによく言われるのが、「先生方、いつも週ごとにテーマ決めて教えるのですか?やるポーズやペアワークが同じことが多いです」。どうやら、ドミニカ先生と私クラスの内容やテーマがかぶることが非常に多いようなのです。実は2人、またはSHIZENヨガで相談して、テーマを決めることはしてないのです。SHIZENの先生方はよく一緒に練習したり、勉強会をしたりしているので、そこで、アイディアの交換や生徒さんに必要なことを話し合うことは多くあります。ただ、練習とは全く関係のないことを教えて、クラス内容がドミニカ先生と私はかぶることも多々あるようです。こういうことは、実はヨガを教えていると不思議によくあることのようで、アメリカ時代もマーラ先生の授業内容とよく同じでした。1年に1、2回しか教えないようなポーズを自分が昼間教えたら、夜の先生のクラスでまったく、同じポーズを似たシークエンスで教えてくださったこともありました。多分、生徒さんに必要なことを感じ取るのでしょうが、時々、ヨガの神様が「これしなさい」と導いて下さっているのかな、と思います。

さて、そんな2人がガッチリとこのテーマについてじっくりやろうと事前に念入りな打ち合わせをするのが2人で行うティーチングスキルやリトリートです。

7月16日(月・祝)のティーチングスキルはねじりの集中講座にもなっていますので、ご興味ある方、是非ご参加ください。

ヨガが好きで、それをみんなに伝えるのが嬉しくてたまらない2人です。それぞれが培った長年のスキルをシェアするのを楽しみにしています!

みなさまのご参加をお待ちしています。

詳細、お申し込みはこちらから。

www.shizenyoga.com