GURUマントラ

ケイコです。

IMG_0634.JPG

ゴールデンウィーク、マーラ先生の全レベルのワークショップが週末3連休に行われました。その後、今度は木曜日から中級のワークショップがあります。普段だったら、3日間で終わるところ、今年はあと4日間ある!なんて、贅沢なゴールデンウィークなんだろう、としみじみしています。

マーラ先生のオールレベルのクラスは、いろいろな体の使い方をし、普段意識が持って来にくい部位に光を当てていきました。繰り返し行い、だんだんとアクションを積み重ねることによって、体の深いところにアクセスが出来ます。それを3日間続けると、頭の理解だけではなく、体の各部位、筋肉までにも先生の言葉が直接届くようで、アクションが体に沁み渡っていくようでした。

マーラ先生のクラスで唱えたGURUマントラをご紹介します。

マーラ先生は、最高のグルは「内なる自分」にあるとおっしゃいます。このマントラを唱える度に自分の内側とつながって、真摯に練習する手助けとなりますね。

GURUR BRAHMA, GURUR VISNU,
GURUR DEVO MAHESVARAH
GURUR SĀKSAT, PARAM BRAHMA,
TASMAI ŚRIGURAVE NAMAH

グル ブラフマー、グル ヴィシュヌ
グル デーヴォー マヘーシュワハ
グル サークシャート、パラン ブラフマ
タスマイ シュリーグラヴェー ナマハ

www.shizenyoga.com

サチコ先生ゆったりヨガ

Fri 2018.04.20

ケイコです。

SHIZEN ヨガスタジオには、賑やかな時間帯と静かな時間帯があります。平日お昼の後13:00-14:30と夕飯前17:30-19:00のクラスは比較的人数が少ないため、アットホームな雰囲気で、先生の目がしっかりと届き、安心してクラスを受けることができるます。

「ヨガを始めてやるんだけど、大勢のクラスは少し心配」という方、是非、13:00、17:30の時間帯に参加されてみてくださいね!

本日、ご紹介するのは、水曜日13:00-14:30サチコ先生「ゆったりヨガ」のクラスです。生徒さんがピッタリと先生のクラスを言い表してくださいました。Fumikoさん、ありがとうございます!

65865961-2451-4698-BD6C-2E485B940446

「ゆったりヨガ」のクラスに参加しているFumikoです。
サチコ先生の水曜13:00-は、少人数でアットホームな雰囲気です。大勢のクラスも活気があって良いですが、少人数のクラスの良さは、何と言っても、

1)参加者の当日の状態に合わせ、調子の悪いところに重点的にアプローチしていただけること

2)手足の向き、力の入れる場所など、先生が丁寧に見て直接サポートしてくださること

です!
しっかりとポーズをとると、バキバキに固まっていた部分がスーッと伸び、調子の悪かったところが動き出し…。これは私にとって、もはや施術と言ってもいいくらいの効果なのです。
おかげさまで、ストレスフルな毎日を平和に過ごせています。感謝です。

www.shizenyoga.com

2018年ロサンゼルス滞在記1

ケイコです。

4B64BDE9-056E-48B1-A881-0DB6F64314F9

LA滞在最終日となりました。今回も非常に濃厚で楽しい楽しい2週間でした。

今回の主な目的は、師匠のマーラ先生のインテンシブとティーチングスキルの1週間コースに参加することでした。スケジュールは日によって、まちまちでしたが、1日5、6時間ほど。

まずは、アサナのクラスから。だいたい1時間半から2時間半くらい。今回は難しいポーズばかりではなかったのに、「しっかりと体を動かしてる感」がとてもありました。週も後半に近づくと、やけに一部の生徒さんから質問が増えて、なかなかクラスが始まらなくなったのですが、どうやら、疲れてしまったため、質問することによってアサナの時間を短くする工作をしていた模様。そのため、一回1時間ちょっとしか時間がなくなってしまった時があったのですが、短くなった分さらに凝縮され、クーリングの部分が減るだけなので、余計にパワフルなクラスとなる結果となりました。1時間ちょいのクラスだったなんて、信じられないくらいの体の充実感でした。マーラ先生はどんな状況でも的確に対応できて、絶対手を抜かない。いつも素晴らしい学びの時間にしてくださいます。

その後は、プラナヤマ。日によって、プラナヤマを最初に行う時は、アサナを行う前に哲学の時間がありました。今回は八支則の最後の3つ、ダーラナ、ディーヤナ、サマーディについての講義が中心でした。ヨガを始めた頃は哲学の話になると、アサナの時ほどの情熱を持って話を聞くことがなかった私ですが、最近は、哲学の時間が楽しみでしょうがありません。先生のお話を聞くたびに、ヨガとは、アサナだけではない、日々の生き方の示唆をしてくれる、本当によく出来た、現実的な指標だと再認識できます。

IMG_0400

その後、15分ほどの休みがあって、ティーチングスキルとなります。たいていお昼をまたぐのに、なんとランチを食べに行く時間もありません。前回は、お腹が空いてたまらなかったのですが、今回は宿泊先の友人がおにぎりとスープをもたせてくれました!!そして、インスティチュート側もインテンシブとティーチングスキルを両方受ける生徒用にスナックを用意してくれていたのでした。ある日は、スタッフがパスタを用意してくれていたことも。スナックむしゃむしゃして、ティーチングスキルに備えます。マーラ先生も美味しそうにめしゃがってました。

IMG_0394.JPG

続く

www.shizenyoga.com

Jala Neti

English follows Japanese.

ドミニカです。

花粉症の季節がやってきましたので、ジャラネティをご紹介する最適なタイミングとなりました。シャットカルマは、体を浄化するためのヨガの技法です。ネティとは、鼻洗浄のことです。ジャラネティは、ぬるい食塩水を鼻に入れることによって、鼻腔を洗浄します。鼻腔をきれいにすることによって、より呼吸をしやすくし、また空気が肺に入る前に(花粉や埃などの)異物を排出する能力を高めることが出来る安全で効果的な方法です。簡単ですので、朝のルーティーンに付け加えやすいですよ。

必要なもの:

ネティポット
(または注ぎ口が鋭利ではない小さめの急須)

ぬるま湯
ハンドタオル

準備:

ネティポットにぬるま湯を入れます。温度は人肌程度で、熱すぎないようにします。塩を足し、塩が完全に溶けるまで混ぜ合わせます。(ぬるま湯 1/4リットルに対して、小匙1/2)。

ジャラネティ:

IMG_0273

洗面台の上で、頭を右側に傾け、ポットを頭より高くかかげます。注ぎ口を左側の鼻の穴にそっと入れ、注ぎ口でふさがっているようにします。1/2ほどの生理食塩水を注ぎます(10ー20秒ほど)が、その間、口は開いたままにし、リラックスして呼吸します。水は左の鼻の穴、鼻腔を通って、右の鼻の穴から出て、洗面台へと注がれます。

IMG_0274

ポットを置き、左の鼻の穴を閉じ、右の鼻をそっと数回かみ、残った水と不純物を取り除きます。

それから、頭を左へと傾け、残りの水を右の鼻に入れ、左の鼻から出てくるようにします。

終わったら、右の鼻の穴を閉じ、左の鼻をそっと数回かみ、残った水と不純物を取り除きます。

簡単なウッタナーサナ(立位前屈)を行い、30秒ほど保ちます。こうすることで、残った水が鼻まで来て、立った時に簡単に出てきます。(だからタオルが必要となります)。

練習と共に、準備を含めても3ー5分ほどでジャラネティが出来るようになります。通常、早朝に行われ、食後は行いません。1日1回で十分ですが、強い花粉症の症状や風邪によるちょっとした鼻詰まりの症状を緩和するのに夕方2回目を行うこともできます。

注意:

副鼻腔炎、インフルエンザ、鼻血が頻繁に出る時はお勧めしません。

Hay fever season is here and so it is the perfect time to reintroduce Jala neti. Shatkarmas are yogic  purification techniques for the body. Neti is nasal cleansing.  Jala neti is nasal cleansing with warm salt water poured through the sinuses. It is a safe and effective way of clearing out our sinuses, and cleansing our olfactory to breathe better and improve our respiratory systems ability to extract foreign objects (like pollen and dust etc) from the air before coming into our lungs. It is easy to do and to add to your morning routine.

What you will need:
Neti pot or small tea pot without a sharp spout
clean salt
warm water
hand towel

How to do Prepare:
Fill the neti pot with warm water from the faucet. It should be body temperature- not too hot.  Add salt and stir to dissolve the salt completely. (Mix 1/2 teaspoon of salt to 1/4 liter of warm water. )

Jala neti:
Over a sink tilt your head to the right side and keeping the pot higher than your head, insert the spout into your left nostril gently so that the nostril is fully closed with the spout. Pour 1/2 the saline water in (about 10 to 20 seconds) while keeping your mouth open and relaxed breathing. The water should enter through your left nostril through your sinuses and out through the right nostril and down into the sink.

Put the pot down and close the left nostril and blow out your right nostril gently a few times to extract any remaining water and impurities.

Then tilt your head to the left and pour the remaining water through the right nostril and out through the left nostril.

When finished, close the right nostril and blow out your left nostril gently a few times.

Do an easy uttanasana (standing forward bend) and hold for 30 seconds or so.  While doing this any remaining water will come to the nose, and will drain out easily when you stand up. (Thus the hand towel)

With practice Jala neti takes only about 3 to 5 min including preparation. It is usually done in the early morning and not after a meal.  Once a day is enough although it can be done a second time later in the day to help relieve  strong hay fever symptoms or slight cold congestion.

Precaution: It is not recommended if you have a sinus infection, flu, or have frequent bleeding from the nose.

www.shizenyoga.com

Invocation to Patanjali 

ケイコです。

今日は、生徒さんからの質問です。

「クラスのはじめに唱える歌みたいなものは何ですか?」

SHIZENヨガスタジオでは、多くの先生が先人の教えに敬意をこめて、クラスを始める前にInvocation to Patanjali (パタンジャリへの祈り)を唱えることが多いです。私のクラスでもインヴォケーションではじめます。パタンジャリは、ヨガの聖典とも呼べる「ヨガスートラ」の編者です。

インヴォケーションでクラスをはじめると、気持ちが外の世界から内側へと切り替えができるのか、心が落ち着く、とよく生徒さんたちがおっしゃいます。もちろん、インヴォケーションを唱えるのに抵抗があったら、耳を傾けるだけで結構です。また、耳で聞いて、分からないなりに唱えるのも集中力を養ういい勉強になります。

アイアンガー先生によるインヴォケーションはこちらのリンクから聞くことができます。

スタジオにもラミネートした用紙をご用意していますので、インストラクターにお声をお掛けくださいね。

2018-03-11 19.58のイメージ

ブログ執筆担当からのご挨拶

6E1E609A-ABD4-49B5-9F64-285AE94430A7

ケイコです。

皆様、お待たせしました。新しいサイトとともに、新しいブログとなりました。引き続き、ケイコがブログを担当させていただきます。SHIZENヨガスタジオのブログの執筆をはじめて、なんと8年目となりました。ここまで長く続けられるのも多くの生徒さん、インストラクターと共に作っているブログだからです。本当に感謝です。

いままでも皆さんに多いに協力していただきました。シリーズクラスやスペシャルクラスのために、感想を書いていただくようにお願いすると、皆さん心とよく引き受けてくださいました。クラスで感じたこと、日々の生活へのつながりなど、その躍動感あふれる感想で、クラスに参加できなかった方たちにもクラスの様子がよく分かり、皆さんにも喜んでいただきました。メールもたくさんいただき、そのなかにみんながヨガで感じたワクワク感あふれる文章を読むとつい、他の方たちにも伝えたくなり、メールの掲載許可をいただいて、ブログに載せることも多かったです。

今後もみなさまのご協力のもと、執筆を続けていたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

https://shizenzyoga.com/

新SHIZENヨガブログにようこそ!

pexels-photo-295771.jpeg

True yoga is the exploration into the truth of “I”. The practices of hatha yoga engage the physical, intellectual, and emotional aspects of our human experience into this inquiry. Yoga may start simply as classes at SHIZEN Yoga Studio, but we hope that it becomes something more regular and more personal for you beyond the studio.  We believe practicing yoga will contribute to you having a more positive relationship with yourself, with your community, and with the world around you. This blog is our platform to inform, explore, inspire, educate, and create more dialogue about yoga and yoga at SHIZEN Yoga Studio.

真のヨガとは、「私とは何か」という真実を探求することにあります。ハタヨガの練習は、この問いと人間として経験する身体的、知的、感情的な側面をつなぎ合わせていきます。SHIZENヨガスタジオで、はじめは単に「クラス」としてヨガに出会うかもしれませんが、ヨガが日常的なものとなり、スタジオという範囲を超えた、よりパーソナルなものになることを私たちは願っています。ヨガの練習によって、自分自身、コミュニティ、そして私たちの周りの社会との関係をよりポジティブなものにすることに貢献できる、と私たちは信じています。

SHIZENヨガスタジオブログは、ヨガについての情報を提供し、いろいろな探求をし、刺激し合い、成長するための場です。ヨガ一般、そしてSHIZENヨガスタジオにおけるヨガについて語り合う場になればと願っています。

https://shizenyoga.com/