ムツコ先生水曜9:00はじめてのヨガ

シリーズクラス水曜9時 はじめてのヨガの担当のむつこです。

このクラス今期はじめて開催されました。こじんまりしたクラスですが、生徒さんは質問や疑問をくれる積極性があり、みなさんとても熱心に参加されています。なのでこのクラスは前からずっとやっているのではないかと、たまに錯覚をおぼえます。 来期もその積極的で楽しいクラスになるようにしていきたいと思っています!

どうぞ、よろしくお願いします。

詳細、お申し込みはこちらから。

クラス風景

03ABA85A-6832-4E15-A1FB-E9418D5C250F

今回感想は、手書きでいただきました。 とても達筆で見やすい字なので、パソコン文字よりも断然温かみがあるので、写真で写しました。

Hさんより。

DD6E5335-818D-4597-974C-19AE1D31DC7E

www.shizenyoga.com

ナオ先生シリーズクラス

ケイコです。

現在、ナオ先生の下記の講座の受付をしています。詳細お申し込みは、リンク先から。

2019年1月13日(日)13:00-14:30 特別クラス、「聴く瞑想ー魂の栄養の時間」メールによる予約受付中
シリーズクラス マントラベーシック
– シリーズクラス マントラチャンティング

ナオ先生と受講していただいた方からのメッセージです。

E52C42E8-FC99-4D26-BDBD-A2D58AD85460

ナオです。

ガーヤトリーの意味をエネルギーや感覚でとらえてから その意味が指し示す大切な教えを私たちらしいやり方で生きるにはどんなことができるのかをみんなで話し合いました。

マントラを一度学んだからって毎日唱えるようにはならないかもしれない。インド人にはしっくりくる神さまも私たちにはどうしても繋がりにくいかやもしれない。

やらなければ、で唱えていると、祈りにはならない。

エネルギーは通らない。

逆に重荷や足枷になってしまうかもしれない。

私たちが心に描いてまっすぐ求められる対象ってどんなものだろう?

唱える以外にどんな行為が光と繋がることを実感できるんだろう?

今の私たちらしいヨーガってなんだろう?

等身大のまんま どこも無理しないで ヨーガする方法 私たちの内から見つけていこう!

——————————

鈴木伸枝さんから感想をいただきました。

「マントラは、音の振動が、私の無意識の部分を揺らして、浮かび上がらせて認識できるようにさせてくれる。そんな風に感じています。

音を通して自分と繋がる時間。

音を通して「それ」としか言いようのない、大いなる源に意識を向ける時間。

日々の生活の中にその時間を持つことは、静かにジワジワと、だけど大きく根源的な氣づきを与えてくれるように思います。

クラスの中で、「自分が自分の力になること、それがヨガである」というお話がありました。

体にアプローチしたい時にはアーサナを、エネルギーにアプローチしたい時にはプラーナヤーマを、自分でもよくわかっていない根源的なところにアクセスしたい時にはマントラを。そのプロセスを通し、自分が自分の一番の理解者になり、サポート役になるためにヨガがあるんだなと思いました。

なお先生のクラスは、マントラの意味や哲学を、わかりやすい例え話やディスカッションを通して、自分の生活に繋げて、その中で使える道具として、渡して下さいます。そのおかげで、頂いた智慧を腐らせることなく、楽しく実践を続けることが出来ています。ありがとうございます。

—————————

www.shizenyoga.com

マイマット里帰りのお願い

ケイコです。

いつもSHIZENヨガスタジオにお越しいただき、ありがとうございます!

59981E20-A4AF-4980-AA7D-1DF988F896DC


年末も近くなってまいりました。SHIZENヨガスタジオでは、置きマット制度があり、多くの常連さんにお使いいただいて、ご自身のマットを置いていただいています。

その置きマット、年内最後のクラスまでに一度お持ち帰りください。そして、新年にまた、お持ちください。年末の大掃除まで残っているものは、整理していきますので、ご注意ください。

本当にいつもスタジオをきれいにお使いただき、ありがとうございます。

http://www.shizenyoga.com

1ポーズ、遠方からの生徒さん

ケイコです。

現在、お申込み受付中のシリーズクラスでは、毎週開催のもの以外に月1回、月2回のものもあります。月1回のクラスは、遠方からの生徒さんにもご好評で、これだったらと通ってくださっています。その熱意に本当に脱帽です。感想をお寄せいただきました。

1ポーズ集中講座(土曜日19:00-21:00 月1回)シリーズクラスの詳細、お申し込みはこちらから。

D0D1D445-A98B-420F-AD06-B158DD32DA19レッスン後。ヨガの後のお菓子は美味しい!

Eさんより、感想をいただきました。ありがとうございます!

ーーーーーーー

ケイコ先生の1ポーズ集中のシリーズクラスを毎月楽しく参加させていただいています。

本当はもっと来たいのですが、静岡在住の私にはこの月1回が無理なく丁度いいペースとなっていてもう3年位は通っているのではないかと思います。

毎シリーズに大きなテーマがあって、そのテーマにそったポーズを毎月1ポーズずつじっくりと解析していくのでポーズへの理解が深まり、また関連するポーズは何かを考えたりとヨガの楽しさを益々感じています。

ケイコ先生の繊細で力強い誘導に必死について行くと、今までなかった感覚が生まれ、出来ないと諦めていた事が出来たりします。

私が一番最初に先生のクラスに出た時から今までこの衝撃は続いていて、先生に着いていけば身体は変化することを毎回体感しています。

2時間という時間もあっという間に過ぎてしまいますが、いつもその倍以上の学んだような充実感で一杯のこのクラスをこれからも楽しみにしています。

いつもありがとうございます。

E.N

ケイコ
1ポーズ集中講座
土曜日 19:00-21:00
1/26, 2/16, 3/16, 4/20 (全4回)

www.shizenyoga.com

ムツコ先生日曜日13:00ベーシック1/2

ベーシック1/2担当のむつこです。

このクラス、日曜13時にしていますが、基本のアサナに立ち返りながら、チャレンジポーズも練習しています。

写真撮るとき、どれがいまのクラスの雰囲気になるかしら?とみんなにたずねましたら、シャバアサナと言う事で、最後に写真いれました(笑)。

今受講してくれている方の感想下記にあります。

57160B26-3439-42D6-83D1-BB5E8A36F944

0748E2A4-7CAF-40C6-B156-8D22968AAAD4

Rさんより

ベーシック1からベーシック2に通いましたが、アーサナをこなしているだけで観察の余裕がありませんでした…

このクラスではじっくり、ゆっくり身体やマインドと向き合うことができ、少しずつでも成長が実感できるのが嬉しいです。

むつ子先生のユーモアで肩の力を抜きながら、基本の復習、そしてチャレンジもできるところがいいですね!

すっかり夫婦でお世話になっております。

瞑想を20年ほどしていますが、やはり霊・肉・魂バランスよく整えるのが大切なんだなぁと、ヨガを始めてからさらに感じます。

これからも楽しみながら続けていきますので、よろしくお願いします!

Yさんより

毎回テーマに沿ってさまざまな方法で体の使い方を丁寧に教えていただけます。

その場では意識が届き難い箇所も何通りも別の動きを繰り返すことで意識しやすく、複数のアーサナにもつながることが体感できとてもおもしろいです。生徒一人一人のの体の特徴をふまえて今の状態を指摘していただけるので些細な変化に気づかされます。おかげで基礎の大切さを実感しています。

7D1F3D43-680E-4AF2-A3A5-BEB2B1F18BA6

www.shizenyoga.com

シリーズクラス:女性のためのヨガ

ミキです。

5D67E3F5-90A8-42BB-A090-2D5A9524292D

1月から始まるシリーズクラス、「健やかな女性のためのヨガ」を担当します。

土曜日 19:00-21:00
1/12,2/9,3/2,4/13 (全4回)

最近よく耳にするようになった骨盤底筋。体の一部でありながら分かりにくい部分でもあります。こちらのクラスでは骨盤底筋や骨盤周りの構造や働きの説明をします。また、中立な姿勢や呼吸、骨盤底のつながりをアーサナ、エクササイズなど様々な方向から実践していきます。

頻尿、尿もれ、PMS、月経痛、腰痛などの起こりがちな症状の軽減や骨盤周りから女性にとって健やかな心身を保つのに役立つことを考えていきます。寿命も延び生活スタイルや様々な変化から尿もれや月経にまつわる症状も増えているように思います。また、症状がなくても悩みや気になっていること、疑問など大歓迎です。オールレベルで女性なら年代は問いません。

月に1回一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。

シリーズクラスのお申し込みはこちらから。

shizenyoga.com

ホームプラクティス:女性のためのヨガシークエンス

English follows Japanese.

ドミニカです。

今日、ご紹介するシークエンスは、お腹の緊張をゆるめる必要がある症状に役立ち、腹部の内臓の循環を促します。また、重い月経痛がある時に痛みの緩和となるでしょう。

道具:ボルスター、ブランケット3枚、ブロック2つ、ベルト2本、椅子2脚、(あれば)サンドバッグ2つ

時間:15分から30分
ホールドの時間によって、練習時間を変えることができます。ご自分が快適な範囲内で、それぞれのポーズを2分から6分ホールドするといいでしょう。

モデルとなっているのは、2019年からシリーズクラスで新規講座「健やかな女性のためのヨガ」を担当されるミキ先生です。

お写真左から右へと続きます。

1) スプタ・ウパヴィシュタコーナーサナ
2)スプタ・バッダコナーサナ
3)脚を開いたセトゥ・バンダ・サルヴァンガーサナ
4)セトゥ・バンダ・サルバンガーサナで足を合せき、もしくはスワスティカーサナ(太もも、ふくらはぎをサポート)
5)ウパヴィシュタコナーサナ 椅子の坐面が肩甲骨より低くくるようにして、肩の上部がボルスターによってサポートされるようにします。頭と首の後ろをブランケットに休ませます。骨盤がニュートラルな状態か、お腹は前に押されていないか、腰に負担がかかっていないか確認します。サンドバックがある場合は股関節の近くに置きます。
6) バッダコナーサナ 必要に応じて外太ももをサポートします。
7) シャヴァーサナ 椅子2つ、膝にベルト、太ももが平行、足首が膝よりも広がるようにすること。

以上のポーズは全てお腹の力を抜く手助けとなり、腹部の血行をよくします。首や肩には緊張がないようにし、顔の筋肉は柔らかく保ちましょう。呼吸の質を観察して、リラックスさせ、吸う息と吐く息の長さを同じにします。

My Home Practice: Yoga for Women Sequence

This sequence is good for conditions that need to relieve tension from the abdomen, and promote better circulation in the abdominal organs. It also creates relief for heavy menses.

Props: bolster, 3 blankets, 2 blocks, 2 belts, 1 chair, 2 sandbags (optional)
Time: 15 min short practice or 30 min long practice
Each pose should be held comfortably for 2 to 6 min as your ability enables.

Photo sequence from left to right
1 ) Supta upavista konasana
2 ) Supta badhokonasana,
3) Setubhanda sarvangasana legs open
4) Setubhanda sarvangasana legs badhakonasana or svastikasana ( support outer thigh/calves)
5) Upavista konasana chair edge below shoulder blades, upper shoulder supported on bolster, back of neck and head resting on blanket.  Be sure pelvis is neutral, abdomen is not pushing forward, and there is no compression on back. If using sandbag, weight should be placed close to the hips joints.
6) Bhadokonasana  Outer thigh supported as needed.
7) Savasana 2 chairs belt at knees- thighs parallel, ankles wider apart than knees.

All of these postures encourage releasing tension and circulating energy in the abdomen. There should be no tension in the neck or shoulders, keep the facial muscles soft. Observe your breath to increase its quality and encourage relaxed and even inhalations and exhalations in the pose.

www.shizenyoga.com